皮膚科医でタレントとしても活動する友利新が9日、ブログを更新し、ドラマ「コウノドリ」でも取り上げられた「不育症」についての思いをつづりました。この記事では女医でタレントの友利新(ともりあらた)の勤める病院クリニック、インスタなどの情報やネット上の反応などをまとめています。

twitter.com

 

友利新「不育症」を考える…「胸が張り裂けそうな気持ち」

皮膚科医でタレントとしても活動する友利新が9日、ブログを更新。ドラマでも取り上げられた「不育症」についての思いをつづった。友利は2013年11月に一般男性と結婚。

14年7月に第1子男児を、16年8月8日に第2子女児を出産している。

 TBS系ドラマ「コウノドリ」(金曜、後10・00)を録画で見たという友利。メインテーマとして取り上げられていた「不育症」について「私自身も妊婦健診の時は、急に大丈夫かな?と不安が襲うことがありそれが毎回毎回、襲ってくると考えると胸が張り裂けそうな気持ちになります」と自らの体験をもとにつづった。

 8日の放送では、過去2回流産をしている妊婦がサクラ(綾野剛)の元を訪れたが、診断の結果、今回も胎児に心拍はなく、3回目となった流産に不育症を自ら疑う…という物語だった。

「不育症」という言葉は、流産、死産などを繰り返して結果的に子供を持てない場合に使われることが多いが、何回流産を繰り返すと不育症と定義するかなど、統計的なものは決まっていない。

 友利は「ドラマでもありましたが糖尿病や抗リン脂質症候群などの自己免疫疾患子宮奇形など『これ』という原因がない方も多いのが現状です」と医師の見地から説明。

「確かに医学的に流産は珍しい物ではないけれど、それが自分自身に起こるとは、だれも考えていません。統計じゃなく、患者さんの気持ちに寄り添わなくちゃ、という小松(※吉田羊)さんの言葉がずしりときました」と伝えた。

 次回15日の放送では、「出生前診断」がテーマとなる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171209-00000093-dal-ent

 

友利新がブログで思いをつづった不育症とは?

http://fuiku.jp/fuiku/
 妊娠はするけれども、流産、死産や新生児死亡などを繰り返して結果的に子供を持てない場合、不育症と呼びます。

 習慣(あるいは反復)流産はほぼ同意語ですが、これらには妊娠22週以降の死産や生後1週間以内の新生児死亡は含まれません。不育症はより広い意味で用いられています。

 実は学会でも何回流産を繰り返すと不育症と定義するか未だ決まっていません。しかし、一般的には2回連続した流産・死産があれば不育症と診断し、原因を探索します。

また1人目が正常に分娩しても、2人目、3人目が続けて流産や死産になった際、続発性不育症として検査をし、治療を行なう場合があります。

http://fuiku.jp/fuiku/

 

友利新(ともりあらた)のプロフィール

http://profile.ameba.jp/arata1107
  
本名友利新(ともり あらた)
生年月日1978年3月30日
出身地日本・沖縄県宮古島市
職業女性タレント、医師
wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/友利新友利新はニセ医者?過去に2chで話題に"target="blank">友利新はニセ医者?過去に2chで話題に
沖縄県宮古島市宮古島出身で、沖縄尚学高等学校を経て、東京女子医科大学を卒業する。医師免許授受後、東京女子医科大学病院に内科医として勤務し後に皮膚科へ転向する。

医師として勤務していた2004年に第36回ミス日本コンテストで「準ミス日本」に選出され、以後タレントとしても活動を開始する。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%8B%E5%88%A9%E6%96%B0

 

友利新の病院は?

http://www.ep-okinawa.jp/clinic.html

女医でタレントの友利新さんが勤める病院はどこなのか気になり調べてみると、下記の2つのクリニックの名前が見つかりました。



表参道スキンクリニック

医療法人社団 虎の門会 霞ヶ関アーバンクリニック

さすがにタレント活動もしているとなるとクリニックで常勤しているという訳にもいかなさそうですが、この2つのクリニックに友利新さんが関わっている事は確かな情報のようです。

 

友利新のインスタグラム

友利新さんは自身のインスタグラムアカウントを解説しており、美容関連の投稿も多くみられました。たくさんの女性ファンから支持されているようです。

 

友利新はニセ医者?過去に2chで話題に