準大手ゼネコンが進めていた倉庫建設工事をめぐる恐喝未遂事件で、湖東生コン協同組合(滋賀県東近江市)の加盟業者と契約するよう商社の支店長を脅したとして、滋賀県警組織犯罪対策課は28日、恐喝未遂容疑で、全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部執行委員長、武建一容疑者(76)を逮捕しました。

この記事では事件の詳細や武容疑者についてまとめていきます。

TOP画像引用元:https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/35087033.html

 

連帯労働組合関西地区生コン支部とは

https://www.kannama.com/news/news2009/09.3.23/pare-do.htm      
組合名全日本建設運輸連帯労働組合
設立1971年4月18日
本部所在地東京都台東区
組織形態合同労働組合
組合員数2,935人
wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/全日本建設運輸連帯労働組合

報道などでよく出てくる「関西生コン」というのは、「全日本建設運輸連帯労働組合」という労働組合の「連帯労働組合関西地区生コン支部」と言ったものの略称のようです。

建設産業の労働者を中心とし、どういった職種・雇用形態でも加盟できる合同労働組合の一つです。

大元の略称は「全日建」、愛称は「連帯ユニオン」と呼ばれているそうですね。

そういった組合の中でも関西地区の労組は「生コン支部」と呼ばれ、社民党や新社会党の支持団体でもあるのだそうです。

政治家の辻元清美さんや福島瑞穂さんを支援しているそうで、「打倒安倍政権」を掲げているようですね。

抗議活動なども行っていることから、一部の政治家や国民からは「左翼団体」として扱われていることでご存知の方も居るかもしれません。

現在LGBT騒動で話題の杉田水脈議員は「関西生コン支部は左翼団体であり、森友学園とも関連がある」と主張しています。

 

関西でセメント・生コン労働者がゼネラル・ストライキ!

http://www.labornetjp.org/news/2017/1220zen02
12月12日から、全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部が、近畿一円で、
セメントや生コン運送の運賃引き上げを要求してゼネストに入り、厳冬の1週間をたたかった。

ストは大きな成果をあげて、18日始業時で解除した。

今回の輸送ゼネストの対象となったのはセメント運送のバラ車500台、生コン運送のミキサー車1000台。
大阪を中心に近畿一円に広がる規模。要求はバラ車やミキサー車の運賃引き上げだ。

http://www.labornetjp.org/news/2017/1220zen02

去年12月、関西生コンがセメントや生コン運送の運賃引き上げを要求して大規模やゼネラル・ストライキを行なったことが話題になっています。

この騒動の背景には、ここ数年の内に近畿周辺で生コン工場の販売価格が著しく改善されたにも関わらず、その原料となるセメント類を運搬する輸送業者の運賃は全くと言っていい程改善されていなかったという事情があったのだそうです。

大阪・兵庫地域では一部の工場が輸送運賃の引き上げを約束していたそうですが、あれこれ理由をつけて実施を先送りに。

この事態に痺れを切らした関西生コン支部が、大規模なストライキに動き出した模様です。

結果、滋賀、京都、奈良、和歌山の各協組などが生コンミキサー車の日額運賃5万5000円、バラセメント車運賃トン当たり510円を受け入れたようです。

関西生コンのストライキはこれまでにも何度かあり、その度に話題になっていたようですね。

関西生コンのトップを逮捕!その真相は?

http://jpsoku.blog.jp/archives/1065140293.html