洗剤チャレンジという危険な遊びをする動画がアメリカで流行していることが話題となっているようです。

アメリカで流行する洗剤チャレンジの動画や、実際に洗剤を服毒したらどんな症状になるのか、その対処法などもまとめてみました!

TOP画像引用元:http://news.nicovideo.jp/watch/nw3240463

洗剤チャレンジとは?

http://news.nicovideo.jp/watch/nw3240463

洗剤チャレンジとは、別名「タイドポッドチャレンジ」と呼ばれる、ジェルボールと言われるような固形の洗剤を口に含み、その様子をYouTubeなどの動画サイトに投稿するという遊びのこと。

その名前の由来は、数年前に流行した、バケツに入った氷水を頭から被るというTwitterやFacebookなどのSNS上で流行した「アイスバケツチャレンジ」というもののようです。


 

洗剤チャレンジが流行

http://hamusoku.com/archives/9752910.html
洗剤を口に入れる様子を撮影した動画。危険な行為に注意が呼びかけられている。
「洗剤チャレンジ」と称して、洗剤を口に入れ、吐き出す若者。
インターネットに投稿され、日本でも話題になり始めているが、アメリカでは、中毒症状などを訴えるケースが相次ぎ、社会問題となっている。

米中毒情報センターのスティーブン・カミンスキー協会会長は「若者は、格好つけたがったり、自分たちが面白いと思うことをやるけど、今回の場合は、死に至ることもある危険なことです」と話した。

最悪の場合、死の危険もあるとして注意が呼びかけられているほか、動画投稿サイト、YouTubeなどは、「不適切で危険な動画」だとして、削除する対応を始めている。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20180125-00000991-fnn-int

米国で流行している「洗剤チャレンジ」が日本でも話題になりはじめているそうです。米国では「洗剤チャレンジ」による中毒症状を訴える人も増えているようで、社会問題と化しています。


 

洗剤チャレンジの動画

YouTubeでは洗剤チャレンジと銘打って投稿された動画が増えています。
先ほどの記事にあったように、YouTubeはこのような動画を「不適切な動画」として削除していく方針を明らかにしており、今後はYouTubeなどの対応によって洗剤チャレンジを行う若者たちが減っていくことが期待されています。

ここでは、戒めの意味も込めて投稿された洗剤チャレンジの動画をまとめていきます。









アメリカのニュース番組より


 

洗剤チャレンジをするとどうなる?