女性蔑視」「女性差別」を理由にF1でレースクイーングリッドガール)が廃止されることになりネット上で話題になっているようです。この記事では廃止になった原因や理由についてや、F1日本GPでグリッドガールを務め日本レースクイーン大賞を受賞した経験のある佐崎愛里さんについて、ネット上の反応などをまとめています。

TOP画像引用元:https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/newsplus/1517600748/

 

レースクイーン廃止が決定、F1グリッドガール撤廃の理由や原因は女性軽視?

https://f1-gate.com/liberty-media/f1_40730.html
「女性蔑視」を理由にF1でグリッドガールが廃止されることになった。ネットでは「レースクイーン廃止かよ」と大きな話題になっている。

「レースクイーン廃止」というキーワードがネットで大賑わいだ。F1のグリッドガールと一般的にイメージされるレースクイーンは違うものだが、とにかく、F1の発表では「現代の社会規範とかけ離れている」とのことだった。

要は「女性蔑視だ」というのである。いや、そういう主張をする人たちに屈したというべきか、阿ったというべきか。

 女性蔑視だという理由で廃止されるレースクイーンの女の子たちは、声を大にして「私たち、蔑視されてない! 憧れられている! 私たちの仕事は重要なんだ!」と主張すべきだと思う。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180202-00000015-pseven-life

F1を主催するアメリカの「リバティ・メディア」の公式サイトでは廃止理由については「グリッドガールの起用は長年にわたり定番になっていたが、この慣習は我々のブランド価値と合わなくなってきており、現代の社会規範ともそぐわない」と記載されているようです。

女性軽視とは名言していないものの、「現代の社会規範ともそぐわない」という部分がそれにあたると話題になっているようですね。

レースクイーンが女性差別や女性軽視にあたるというのであれば、男性もレースキングやレースボーイとして起用すればいいだけの話ではないのか?と思ってしまいますが、どうやらそう簡単な話ではないようです。

おそらくはコスト面などの問題も抱えているのではないでしょうか。

 

レースクイーンの次に廃止されそうなイベントコンパニオンやチアリーダーの仕事が心配される

https://clicccar.com/2017/11/06/529147/
グリッドガールが「女性差別的」と言われた背景には、女性が、F1の主役である男性選手らの補助的な役割に終始し、若さや外見の美しさが男性に消費されているという懸念があったと考えられる。

そうであれば、ラウンドガールやイベントコンパニオンなど、他の職業の存続論争に飛び火する可能性もある。

日本では、東京モーターショーや東京オートサロンなど自動車関連の見本市で、ほとんどのメーカーの出展ブースにキャンペーンガールが配置されている。

彼女らの着用する衣装は、体の線が出やすかったり、スカートの丈が短めだったり、やたら露出が多かったりと、車以上に注目を浴びている面も否めない。

http://anonymous-post.com/archives/18838

有名なカーイベントである東京モーターショーなどではコンセプトカーなどの車以上に注目をあつめているのが、モーターショーの華とも言えるコンパニオン達の存在です。

おそらくモーターショーへ足を運ぶ人の中で、 車が目的の人と美しいコンパニオンの撮影がお目当ての人、それぞれの割合は実は良い勝負だったりするのではないでしょうか?

もしこのF1でのレースクイーン廃止の余波がコンパニオン業界へも及び、車のみの展示会になったとすれば、モーターショーの動員数へ影響を与える可能性も考えられなくはなさそうです。

 

佐崎愛里、F1グリッドガール廃止に「素敵なお仕事だった」

https://www.kurumaerabi.com/racequeen_news/78605/
 レースクイーン、佐崎愛里(30)が1日に自身のツイッターを更新。F1の「グリッドガール」が廃止されることについて経験などを交えて意見を述べた。

第3回「日本レースクイーン大賞」でグランプリを受賞するなど第一線で活躍中の佐崎。昨年のF1日本GPでグリッドガールを務めたという。

「レースクイーンの文化は日本で1番発展したものだから海外のグリッドガールのポジションとレースクイーンの違いを理解してはいないのかもしれないけど…」と前置きしつつ、「F1のグリッドガールを昨年やらせて頂いたけど、“その国代表としての誇りを持って歩きなさい”と礼儀や振る舞いを大事にした素敵なお仕事だったよ」と振り返った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180202-00000536-sanspo-moto

日本レースクイーン大賞などでグランプリを受賞し、F1日本GPでもグリッドガールを務めた経験のある有名レースクイーンの佐崎愛里さんも今回の廃止騒動についてコメントをされているようです。

本人からすれば非常に悲しいニュースであったと思いますが、過去にF1のグリッドガールを経験できた事については「素敵なお仕事だった」と振り返っています。

レースクイーンやコンパニオンからすればF1のグリッドガールというのは映画でいうハリウッドのような夢舞台なのではないでしょうか。

その舞台が廃止になってしまえば、追いかける夢を失ってしまう女性も少なくはなさそうです。

 

佐崎愛里のプロフィール

https://www.webcartop.jp/2016/07/46465/airi0119
  
本名佐崎 愛里(ささき あいり)
生年月日1987年2月15日(30歳)
出身地日本・愛知県
職業レースクイーン、モデル
wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/佐崎愛里

 

佐崎愛里が可愛い!レースクイーン姿や水着画像まとめ