新潟県警の女性巡査が今年7月、勤務中に高速道路を175キロで走ったとして道路交通法違反の疑いで書類送検された事が明らかになりました。

この記事では騒動の詳細や女性巡査についてまとめていきます。

TOP画像引用元:http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000135388.html

 

新潟県警の女性巡査が書類送検…175キロで高速走行か

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000135388.html
県警によると女性巡査は7月4日朝、警察官の採用リクルーターとしての研修に参加する予定だったが寝坊。
同僚2人と共に予定より30分遅く所属の警察署を出発した。

寝坊に責任を感じた女性巡査は「自分に運転させて」と申し出、新潟市内の県警本部を目指して法定最高速度100キロの高速道路を175キロで走行。

同僚2人は「遅刻と連絡して急がず行こう」と止めたが速度を緩めず、
速度違反取り締まり装置(オービス)に記録されたという。

研修には間に合った。

https://mainichi.jp/articles/20180904/k00/00m/040/046000c

女性巡査が75キロオーバーで高速道路を走行させた模様です。

法定速度を大幅に超えた速度を出していたようですが、同乗した同僚二名は生きた心地がしなかったのではないでしょうか…

警察官ともあろう身分で法を破ることがどれ程してはならないことだったのか、この女性巡査は考えなかったのでしょうか。

 

時速175キロとはどのくらい?

時速175キロと聞いてもなかなかピンと来ない速度ですが、調べてみたところ、「京成スカイライナー」という列車が160km/hで走行する区間があるようで、2018年時点で在来線最速の列車と言われています。

実際に時速160キロを体感できるのは「印旛日本医大」から「空港第2ビル」までのおよそ5分ほどの短い時間ではあるようですが、今回女性巡査が運転した車はなんと、この列車よりも早いのです…

動画を見てみると、ものすごいスピードで駅を通過していく京成スカイライナーの様子が見れます。

これを見ていると、女性巡査が運転した車が一切の事故もなく、無事に到着できたのは奇跡と言えるのではないでしょうか。

 

女性巡査の顔画像や詳細は?

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000135388.html