2017年からネッシー目撃情報が多発していることが話題となっているようです。

未確認生物・UMAとして今でも人気のあるネッシーの正体おもちゃという情報や最新の画像動画をまとめてみました!

TOP画像引用元:https://listverse.com/2012/11/04/top-10-things-people-believe-without-proof/

ネッシーとは?

http://www.gibe-on.info/

ネッシーとは、未確認生物として代表的なネス湖の怪獣のこと。記録として残されている最古のネッシー目撃情報は西暦565年のもので、UMAの中でもかなり長い歴史を持つものです。

ネッシーの最も有名な目撃情報は1933年の「外科医の写真」とよばれるもの。メディアに取り上げられたことで話題となり、20世紀最大のミステリーと呼ばれていました。


 

ネス湖の場所は?

ネス湖があるのはイギリス・スコットランド北部ハイランド地方。ネス湖はイギリス最大の淡水湖で、長さは35km、深さは推進230mもあるそうです。

ネス湖のある場所は周りに人が集まるようなものが何もないことから、地元の人がネス湖を観光資源として人を呼び寄せるためにネッシーを考えたのではないかという説もあるようです。


 

ネッシーの目撃情報が急増

http://www.huffingtonpost.jp/2016/04/13/nessie-or-something_n_9688086.html
スコットランド北部のネス湖で“ネッシー”とされる姿はこれまで数多く撮影されてきたが、その目撃情報が今急増しているという。

 2カ月前に9歳の男の子が撮った写真には、湖面から飛び出した三角形のヒレのようなものが写されている。6月には、オーストラリア人夫婦が水面で首をもたげる影を捉えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00010007-abema-int

近年、ネッシーの目撃情報が多発しており、その存在が再び脚光を浴びているようです。2017年は信憑性のある目撃情報だけで9件もの目撃情報が寄せられたそう。

いわゆる「外科医の写真」が世に広まった1933年から85年。それから半世紀以上が経過したネッシーの目撃情報が、ここにきて急増しているのには科学技術の進歩が関係しているようです。


 

ネッシーの目撃情報が増えた理由

https://www.gizmodo.jp/2016/05/best_camera_app7.html

ネッシーの目撃情報が増加している理由の一つには、近年のスマートフォンの進化とライブカメラの設置が大きく関係しているそう。

未確認生物として世界中で人気が根強いネッシーを見つけようと、ライブカメラを常に監視している人がいてもおかしくはなさそうです。


 

ネッシーの最新目撃情報!【画像・動画】