北野武さんの独立騒動で、オフィス北野の社長である森昌行さんの年収が話題となっているようです。

オフィス北野の共同創業者でもある北野武さんの怒りを買った高額な役員報酬や株式の無断のやり取りなど、独立の理由となった森昌行さんのこれまでの行為についてまとめてみました!

TOP画像引用元:http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/110900179/110900001/

森昌行のプロフィール

https://stonehenjin.net/morimasayuki/
本名森昌行(まろまさゆき)
生年月日1953年1月7日 (65歳)
出身地鳥取県
職業実業家、オフィス北野・代表取締役社長
学歴青山学院大学法学部
著作天才をプロデュース
Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/森昌行

森昌行さんはオフィス北野の代表取締役社長を務める鳥取県鳥取市出身の人物。ビートたけしや浅草キッド、寺島進らをマネジメントする傍らする傍ら、北野武さんが監督を務めている映画を全てプロデュースしています。

森昌行さんはもともとはミュージシャンを志していたこともあるそうで、趣味はギターの演奏とコレクションだそう。過去にはギターについて対談で語ったり、ヘヴィメタルバンドのライブビデオのディレクターを務めていたこともあります。


 

北野武が事務所から独立

https://entert.jyuusya-yoshiko.com/idekuma/
お笑い芸人で、北野武名義で映画監督としても活躍するビートたけし(71)が、所属するオフィス北野から独立する。すでに今月初め、同社取締役も退任していたことが14日、分かった。

 森昌行社長は、日刊スポーツの取材に「新境地ということなんでしょう。以前から、そういう(独立の)思いでいるという動きはありましたが、ここにきて加速したということです。今のところ、たけし軍団を連れて行くという話は聞いていないです」と話した。

たけしは、70歳が近づくころから、時間を自由に使いたいという気持ちを持ち始めたそうで、森社長は「けんかしたつもりはないです。たけしさんの要望を聞いて、私からも見解はいろいろうかがいました」と円満退社であるとした。小説や絵画の活動も広げていくとみられる。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201803140000390.html

3月初頭、北野武さんが自らが設立した事務所「オフィス北野」から独立、新事務所を設立していたことがわかりました。北野武さんは71歳でありながら新たな挑戦をすることとなりましたが、この退社にはかなり深い理由があったようです。

一部メディアでは北野武さんが愛人に洗脳されているとの憶測まで飛び出しましたが、独立の理由は愛人などではなく、事務所社長の森昌行さんとの揉め事だったようです。


 

オフィス北野とは?

http://wall.kabegami.com/editorial/%E6%A3%AE%20%E6%98%8C%E8%A1%8C?page=1

オフィス北野は北野武さんが週刊誌の「フライデー」を襲撃したいわゆる『フライデー襲撃事件』の後に太田プロダクションから独立した際に設立した事務所。創業当初からの社長である森昌行さんと北野武さんは苦楽を共にしてきた長年の付き合いだったそうで、強い信頼関係で結ばれていたそうです。

オフィス北野ではたけし軍団と呼ばれる北野武さんの弟子たちを中心とした芸人や俳優が所属しており、従業員数は33人、オフィスは東京都港区赤坂にあります。


 

森昌行に関してたけし軍団が声明文!

https://matome.naver.jp/odai/2141241439357086401
タレント、ビートたけし(71)がオフィス北野を退社してから一夜明けた1日、たけし軍団が夜に入り、声明文を発表した。
お笑いコンビ、浅草キッドの水道橋博士(55)らは自身のブログを更新。「たけし軍団一同」の署名で「報道されている、師匠・北野武氏の独立について」との声明文を掲載した。

その中で「オフィス北野は1988年、たけし&たけし軍団の新会社として設立されました。芸能事務所ではありますが、師匠は芸に徹するため、経営、財務については森昌行社長を信用され、全面的に任せておりました。

が、数年前、師匠が保有する別会社の株式に関する疑義が発生した際に、師匠が不審に思い、事情を調査したところ、明らかな違法行為があり この出来事をきっかけにして、オフィス北野の経営も、改めて確認されたいと申し出たところ、その結果は思わぬ方向に波及してしまったことが、今回の騒動の引き金になっております」とした。

http://www.sanspo.com/geino/news/20180401/geo18040122340038-n1.html

たけし軍団のいち員である水道橋博士さんは自らのブログでたけし軍団としてのビートたけし独立騒動に対する声明を発表しました。

声明の内容には当初「円満退社」とはかけ離れた長年の北野武さんと森昌行さんの間のいざこざが事細かに記されており、独立は単なる「挑戦」ではなかったことが明らかとなりました。

水道橋博士のブログの主な内容は以下の通り。

① 株式の移動に関する手続きの不備

 オフィス北野の株式を森社長が買い集めた(10%から65%に)ことに関し、事前に相談もなく、事後に報告もなかった。  またこの株式の譲渡に関する承認取締役会が開催されていない。またこの買い集めた資金はオフィス北野からの借入で賄ったが、当該借入取引に関する承認取締役会が開催されていない。

 この問題は前回に発覚していたものですが、改めて、その手続きの具体的は瑕疵が明らかになったので再度、指摘しました。

② 役員報酬の水準に関する不満とその決定に関する手続きの不備。  森社長と、前専務取締役の役員報酬は容認しがたいほど高額で、かつ役員報酬の決定に関する承認株主総会が開催されていない。

 この問題も、前回に指摘されていたにもかかわらず、その後の報酬を引き下げていないので改めて、師匠が指摘されました。  そして、会社のマネージャーに対する高額報酬の実態が露見しました。

③ 従業員の給与水準に関する不満

 所謂、マネージャー、従業員に対する給与は社会一般の常識から大きくかけ離れた高額な水準であり、そのような現状に至らしめたのは放漫経営の結果そのものであるのみならず、前回の問題発覚後に、さらに各社員に給料を大幅に引き上げているのは、森社長に対して不満を持った従業員を懐柔し、手なずけるためにしたとしか考えらず、悪質極まりないと思われました。

 また、たけし軍団のプロモーションに注力するという、前回の約束は全く実現できておらず、結果、井手らっきょが活動拠点を熊本に移さざるを得なくなるような状況になりながらも、従業員には法外な給料を支払いし続けていました。

 その他、長年実績があり、事務所の功労者でもある、芸人、及び役者を、現代では生活保障上考えられない支払いのまま放置するという、芸人事務所としては、あまりにもアンバランスな現状は容認できません。

④ フィルメックスに対する人件費負担を容認できないことと。これに関する手続きの不備。

 森社長が理事長を務める、オフィス北野傘下の映画関連事業である「フィルメックス」に対し、年間にして約4千万円を超える人件費の負担、長年の赤字経営を続けることを容認できない。
かつ、そのような取引を行うことについての承認取締役会が開催されていない。
 また森社長がフィルメックスの理事長に就任することについて、師匠には、事前に相談がない。

 これらの指摘について森社長は、報告・連絡・相談及び、法令で定められている承認手続きに不備があったことを認めました。
 更に、森社長の経営方針が、結果として、師匠の意に沿えていなかった事について、その場で謝罪しました。

 そして、森社長の所有する株式の全てを、師匠の指図に従い、たけし軍団の面々に贈与すること、及び会社を縮小し、社員に対する高額給与の体質を改善する約束を致しました。

 しかし、これらの約束していた作業工程が、遅延するに至り、平成30年3月に入り、師匠がしびれを切らして独立する旨、及び、これに伴いオフィス北野の役員及び株主から退きたい旨の意向を受け、森社長は、師匠の意思を尊重し、またオフィス北野とは袂を分かち、別会社として独立後、協力していくことが確認されました。

 これが、世を騒がした、ビートたけし独立の経緯です。 http://blog.livedoor.jp/s_hakase/

この声明文に対し、森昌行さんはメディアに向けてコメントを発しているようです。


 

森昌行がコメント「不本意」

https://www.daily.co.jp/gossip/2018/04/03/0011129103.shtml?ph=1
お笑いコンビ、浅草キッドの水道橋博士(55)らは自身のブログを更新。「たけし軍団一同」の署名で「報道されている、師匠・北野武氏の独立について」との声明文を掲載した。

 これに対し、森社長はこの日、たけし軍団の声明文に反論。「このような文書が、一方的にネット等は通じて流されたことに驚きを禁じ得ません。内容についても、私としては極めて不本意であるので、あらためて対応したいと思います」とコメントした。

http://www.sanspo.com/geino/news/20180401/sca18040123130001-n1.html

森昌行さんは水道橋博士ら「たけし軍団」の声明文に「不本意である」と真っ向から対立の姿勢を示しました。このコメントにはネット上でもさまざまな反応があり、たけし軍団のメンバーからも「逆に不本意」などとさらなる反発を買っているようです。

では、オフィス北野の創設者の一人でもある北野武さんの退社にまで発展した森昌行さんの高額な年収はどれほどのものだったのでしょうか。


 

森昌行の年収がヤバい?

https://www.swissinfo.ch/jpn/