コインチェック事件で不正アクセスにより仮想通貨の「NEM(ネム)」約580億円相当が流出した問題で、日本の天才ホワイトハッカーが犯人を追跡し、盗まれた通貨の所在を特定したと話題になっているようです。その天才ホワイトハッカーは「水無凛」というアカウント名で活躍しているようです。一体どのような人物なのでしょうか?そして今回の事件の犯人は一体誰だったのでしょうか?

https://bcool.black/white-hacker-annual-income/

 

水無凛のプロフィール

http://www.himatubo-neta.xyz/

  
名前水無凛(みずなしりん)
愛称みなりん*
年齢17歳(自称)
職業女子高生(自称)、ホワイトハッカー
Twitterhttps://twitter.com/minarin_

みなりん*こと水無凛さんは自称17歳の女子高生で、天才ホワイトハッカーとして活躍されています。
自称17歳の女子高生とはなっていますが、実際は大人との噂もありますが詳細は不明。
ホワイトハッカーという言葉はあまり聞かない方もいるかと思いますが、簡単にいうと正義のハッカーのことなのだそうです。

そして今回、世界中に衝撃を与えた「コインチェック事件」。
この件で大活躍されているそうです。

 

ホワイトハッカー水無凛がコインチェック事件で大活躍!

https://bcool.black/white-hacker-annual-income/

 

報道内容

仮想通貨取引所「コインチェック」(東京)で、不正アクセスにより仮想通貨「NEM(ネム)」約580億円相当が外部流出した問題で、ネット上で日本人の17歳女子高生の天才ホワイトハッカーが、犯人を追跡し、盗まれた通貨の所在を特定したとの見方が広がり、経緯などを解説するHPが続々と登場している。

この「ホワイトハッカー」と言われている人物は、流出事件があった26日夕方にツイッターに「ハッカーのアカウント監視はじめるか」と投稿。27日未明には「NEM財団が、流出資金自動追跡プログラムの作成を開始しました。その完成を待ち引き継ぎを行い、作業終了とさせていただきます。それまでは、こちらで追尾を続けます」「犯人の財布にマーキングを行なっています」とツイートした。NEM財団とは連携をとっているが、あくまで協力する立場での社会貢献活動としている。

 その後のコインチェック側の説明が、NEM財団が追跡していることや、消失した通貨の所在を確認できていることなど、この人物の投稿どおりになっていることから、最終的な真偽は不明ながら、この人物に注目が集まった。

 この人物のツイッターの名前欄に「JK17」とあるため、17歳の女子高生として広がっているが、年配の凄腕ハッカーとの見方もある。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00000046-dal-ent

 

Twitterの反応


水無凛さんが追跡している今回の事件の犯人について気になる情報を見つけました。

 

水無凛が追跡した犯人は北朝鮮工作員?