東京医科大東京)が医学部医学科一般入試で女子受験生らの合格者数を抑制していた問題を受け、文部科学省が全国81大学を対象に行っている調査で、順天堂大学や別の関東地方の大学など複数の私立大学でも不正な入試が行われていた疑いのあることが関係者の話で明らかになりました。

この記事では順天堂大学についてや騒動の詳細についてまとめていきます。

TOP画像引用元:http://www.saijuken.com/swiki/

 

順天堂大学とは

https://www.shimz.co.jp/topics/construction/item04/content01/   
大学設置1946年
創立1838年
本部所在地東京都文京区
キャンパス本郷(東京都文京区)・さくら(千葉県印西市)
浦安(千葉県浦安市)・三島(静岡県三島市)
学部医学部
スポーツ健康科学研究科
医療看護学研究科
wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/順天堂大学

順天堂大学は日本の私立大学の中でもとても有名な大学ですね。

「順大」との略称で親しまれていますが、東京にある順天中学校・高等学校は別法人なのだそうです。

医学部を中心に5学部5学科構成となっていて、元々は江戸時代後期の1838年に佐藤泰然が蘭方医学塾(和田塾)を開学したことが現在の順天堂大学の起源となっているようです。

複数の大学附属病院も有していて、およそ180年の日本の医学校としての歴史や伝統が存在しています。

「順天堂」の「順天」というのは、『天道に順(したが)う』という意味から来ているようですね。

 

まばたき12秒我慢?順大がドライアイ点検法を発見

http://www.santen.co.jp/ja/healthcare/eye/library/dryeye/
まばたきを約12秒我慢できなければドライアイかも――。
そんな点検方法を順天堂大のチームが11日までに見つけた。

ドライアイは集中力低下の原因になることも知られ、猪俣武範助教は
「自分で簡単に点検できるので、疑いがあれば症状が悪化する前に医療機関を受診してほしい」と話す。

チームが順天堂大病院の眼科を受診した患者292人を調査すると、
まばたきを我慢できる時間が短い人ほど、目を覆う涙の層が壊れやすくなっていることが分かった。

12.4秒で区切ると、ドライアイの人の82.5%を正しく見つけることができるという。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36345030R11C18A0000000/

まばたきを12秒我慢できない方はドライアイの可能性があると、順天堂大学のチームが発見したことが話題になっています。

ドライアイとは加齢やストレスの他にも、スマートフォンの長時間使用などで涙で目を保護する機能が低下し、目の疲れや痛み、頭痛や視力低下を引き起こす症状です。

患者数は日本ではおよそ2,200万人、世界規模だと10億人以上存在するとも言われていて、眼科を受診する方も少なくないようです。

今回の研究によって最大開瞼時間でドライアイの簡易的な検査が出来るようになり、これまでドライアイと診断されないまま作業効率が低下してしまっていた患者の人々にも重症化を未然に防ぐ治療などが出来るのではと期待されています。

 

順大医学部も不正入試?その真相は?

https://www.juntendo.ac.jp/