2013年6月13日にデビューした韓国の男性ヒップホップグループ・防弾少年団(「BTS(ビーティーエス)」)の一員として大人気のジミンさん。
世界中でますます熱狂的なファンを増やしているBTS・ジミンさんの反日発言騒動や原爆Tシャツの着用、謝罪コメントについてもまとめてみました。

https://simkung.net/bts-jimin/

ジミンのプロフィール

https://prcm.jp/album/6196ef5e55de3/pic/74517574
名前ジミン
本名パク・ジミン
生年月日1995年10月13日(23歳)
出身地釜山広域市
職業アーティスト
レーベルKakaoM/ユニバーサルミュージック
事務所BigHit Entertainment/デジタルアドベンチャー
Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/防弾少年団#ジミン/JIMIN

防弾少年団(BTS)の「魅力担当」というジミンさん。日本の漫画「ワンピース」の大ファンで、剣道を8年間習っていたという経験の持ち主です。
入学も超難関と言われる釜山芸術高等学校の舞踏科へ奨学生として首席で入学し「舞踏科の新星」と呼ばれるほどの成績の持ち主でした。

中学校でダンスを始め、高校時代には相当な腕前となり先生に現在の事務所を紹介してもらったことがきっかけで芸能界入りを果たしたジミンさん。
練習に全力を尽くす努力家で、パフォーマンスからは想像できないほど人見知りで恥ずかしがり屋でもあるそうです。

 

ジミンの経歴や生い立ちについて

https://bilsang.com/

韓国の人気歌手であるピ(RAIN)さんのステージを見て歌手を目指したというジミンさんは、オーディションに合格したことで釜山芸術高等学校から転校。
防弾少年団のメンバーの中で1番最後に入所し練習生期間も約13ヶ月間のみだったこともあり、デビューが確定するまで睡眠時間も約3時間しか取らなかったといいます。

防弾少年団としてデビューするとすぐに新人賞を獲得し、2015年のミニアルバム「花様年華Pt.1」で注目を集め、タイトル曲「I NEED U」が音楽番組やチャートで1位を獲得。
「花様年華Pt.2」は約30万枚近い売上げを達成し2016年のフルアルバム「WINGS」は年間約75万枚を売上げ、2018年に発売した「LOVE YOURSELF 轉 'Tear'」ではビルボード200で1位に輝いています。

 

ジミンが原爆Tシャツ騒動でファンに謝罪

https://www.youtube.com/watch?v=z0jXEQkWFyc

原爆の写真がプリントされたTシャツを着用しているところが韓国の新聞社「中央日報」や日本でも「東スポ」に掲載され、瞬く間に騒動と化してしまったジミンさん。
初めて着用していたのはワールドツアーで訪れた2017年3月のブラジル、その後にもアメリカで着用しており、その際にファンから指摘されていたといいます。

そして初の東京ドーム公演となった2018年11月、騒動の広がりを受けてジミンさんはコンサートの終盤に「心配させてごめんなさい」とファンに謝罪。
所属事務所も日韓の被爆者団体の関係者に謝罪を行い、BTSも「戦争や原爆に反対し、原爆投下の被害者を傷つける意図は全くない」と表明しました。

 

ジミンの反日(原爆)Tシャツとは?

https://twi55.com/bts20181024/

問題のTシャツは韓国の祝日である8月15日に日本統治からの解放を記念した「光復節」をイメージしたデザインと言われています。
ジミンさんが着用していたTシャツは原爆投下のきのこ雲写真と、日本統治から解放され万歳をする韓国人写真がレイアウトされているものでした。

デザイナーのLJカンパニー代表イ・グァンジェさんは「反日感情で作成したデザインではなく、反日感情を助長する意図もなくBTSに申し訳なく思う」とコメント。
あくまでアメリカの原爆投下で日本が無条件降伏したことで、韓国の解放に繋がったという歴史の順序を現したデザインだったと説明しています。

 

ジミンは反日発言をしていた?