伊藤智仁さんと野村克也さんがテレビで初めて対談し、野村克也さんが監督時代に伊藤智仁さんを酷使して潰してしまったことを謝罪して話題となっているようです。

伊藤智仁さんの切れの良いスライダー動画や野村克也さんが土下座したとの噂などについてまとめてみました!

TOP画像引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/伊藤智仁

伊藤智仁のプロフィール

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/10/06/kiji/20171006s00001173323000c.html
本名伊藤智仁(いとうともひと)
生年月日1970年10月30日(47歳)
出身地京都府京都市中京区
職業元プロ野球選手、現・富山GRNサンダーバーズ監督
所属チーム東京ヤクルトスワローズ
ポジションピッチャー
Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/伊藤智仁

伊藤智仁さんは元ヤクルトスワローズの選手で、現在はプロ野球独立リーグ・ベースボール・チャレンジ・リーグの監督(2018年から就任)です。京都にある花園高校を卒業後、三菱自動車京都に入社し、社会人野球で活躍しました。

その後、日本代表としてバルセロナオリンピックに出場。日本の銅メダル獲得に貢献しました。活躍と実力が認められ、その年のプロ野球ドラフト会議で3球団の強豪の末に東京ヤクルトスワローズに加入しました。

 

伊藤智仁が持つ奪三振のギネス記録

http://toyokeizai.net/articles/-/199480

伊藤智仁さんは三菱自動車京都の時代に日本代表として出場したバルセロナオリンピックで、1大会27奪三振という驚異的な記録を叩き出しました。

伊藤智仁さんの活躍で日本はオリンピックで3大会連続のメダルを獲得し、日本中のヒーローになりました。
その後はヤクルトスワローズに1億円を超える契約金で入団した伊藤智仁さん。ここからは、その武器であるスライダーをとらえた動画とプロ野球入りしてからの成績などをまとめていきます。


 

伊藤智仁さんのスライダー動画とは?

伊藤智仁さんのスライダーは、元プロ野球選手の青田昇さんから言わせると本物のスライダーを投げることができるたった3人の選手にはいる程のものだそう。

当時はこのスライダーを武器に伊藤智仁さんは三振の山を築き、ギネス記録を打ち立てたバルセロナオリンピックでもその威力を世界に見せつけました。


 

伊藤智仁さんの成績

1993年7勝2敗
1996年1勝2敗
1997年7勝2敗
1998年6勝11敗
1999年8勝3敗
2000年8勝7敗
2001年0勝0敗

伊藤智仁さんは圧倒的な実力がありながら、長年怪我に悩まされ、10勝以上できた年はありませんでした。しかし、プロ野球デビューとなった初年度の1993年にはリーグの前半戦だけで7勝2敗、防御率は0.91という圧倒的な数字を叩き出し、大きなインパクト残した選手でした。


 

伊藤智仁の年俸推移

https://www.2nn.jp/mnewsplus/1506553101/

契約金こそ1億円を超える超大型契約となりまいしたが、怪我の影響で当番回数が劇的に減ったことが原因で、年俸も1000万前後がおおかったようです。


カムバック賞を受賞した時期からは徐々に伊藤智仁さんの年俸は上がり、現役時代の最高年俸は9300万円で、大台の1億円を突破することはありませんでした。

実力を持ちながらも活躍できなかった伊藤智仁さんが苦しんだのは肘と肩の怪我で、ルーズショルダー(非外傷性肩関節不安定症)による慢性的な肩の痛みを抱えていたそうです。

その怪我を悪化させてしまった原因と言われているのが、当時の東京ヤクルトスワローズの監督であった野村克也さん。野村克也さんは自分が伊藤智仁さんを潰したと認め、謝罪しているようです。


 

伊藤智仁に野村克也が土下座?