17日午後8時45分ごろ、新潟県阿賀町のホテルから「宿泊予定の登山客8人が到着時間を過ぎても連絡が取れない」と119番がありました。

どうやら8名は御前ケ遊窟で遭難の可能性があるようですが、この記事では御前ケ遊窟についてや事件の詳細についてまとめていきます。

TOP画像引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-00000001-mai-soci

 

登山客8人が遭難か 御前ケ遊窟(ごぜんがゆうくつ)とは?

http://s.webry.info/sp/kyazuyama.at.webry.info/201510/article_1.html
http://s.webry.info/sp/kyazuyama.at.webry.info/201510/article_1.html
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-00000001-mai-soci
この遊窟は、余五将軍平惟茂(これもち)の夫人が隠棲したとされている。

平安中期、平将門を討った叔父平貞盛の15番目の養子の夫人で、15番目にあたるので、余五といわれ、この地域には、数々の武勇伝がある。

https://www.mitsumine.gr.jp/kaiho/314/gozengayukutsu.html

御前ケ遊窟は標高846m、あまり高くはない山のようですが、急峻な岩場が連続したりと登山者の中では上級者向けといわれる山のようです。

『悲運の将軍婦人が隠れ住んだ伝説の岩窟』として紹介され、特に秋には美しい紅葉が見られることで有名のようですね。

 

御前ケ遊窟で登山グループ8人が遭難か

http://mtnhiroki.blog.so-net.ne.jp/archive/200907-2
同町消防本部が登山届を確認したところ、福島市から来た女性6人、男性2人のグループで、同町の御前ケ遊窟に入山したとみられる。

県警津川署は8人が遭難した可能性もあるとみて、18日早朝から消防と捜索を始める。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-00000001-mai-soci

遭難した8人は同じ登山グループだったのでしょうか。

遭難した可能性があるとのことですが、初心者ならまず登らなさそうな絶壁のある御前ヶ遊窟、腕に覚えのある男女がきっと集まったのではと思います。

ですが、女性の方が多いグループとのことですね…チームバランスに問題は無かったのでしょうか…

 

遭難した男女8名の安否や詳細は?

https://twitter.com/