福岡市大濠花火大会から一夜明けた2日、会場の公園内の花壇が荒らされ、地元の児童たちが育てていたヒマワリが踏み倒されていたことが明らかになりました。

この記事では騒動の詳細や現場についてまとめていきます。

TOP画像引用元:http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3436789.htm

 

開催された花火大会とは?

https://www.nishinippon.co.jp/nlp/event/hanabi/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33691180R00C18A8ACYZ00/

福岡の夏の風物詩としておなじみの西日本大濠花火大会が、今年も8月1日に開催されます。

大濠公園を舞台に360度鑑賞できる好立地で毎年43万人を超える福岡市民が、真夏の大濠公園に涼を求め集います!

都会の夜空を華やかに彩り、圧倒的な迫力を誇る大輪の数々、
今年は6,000発の花火が舞い上がり、見るもの全てを魅了します。

これを見ずにして、福岡市の夏は語れません!

https://www.nishinippon.co.jp/nlp/event/hanabi/

当日の福岡市の最高気温は34.9度。まだまだ暑さの残る午後8時に打ち上げが始まったそうです。

6,000発もの花火は見る人を魅了し、色鮮やかな大輪の花火が夜空を彩りました。

当日は浴衣姿の若者や家族連れなど、およそ43万人が花火を見に集まっていました。

 

翌日、会場だった大濠公園にはボランティアの姿も

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180802-00000003-tncv-l40
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180802-00000003-tncv-l40
一夜明けた2日、会場の大濠公園にはおよそ70人のボランティアが一時間以上清掃活動に汗を流し、
終了後には無料で朝食が振る舞われました。

「最高ですね」
「掃除した後のご飯は最高に格別に違いますね」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180802-00000003-tncv-l40

花火大会から一夜明けると、善意で清掃活動を行なってくれる人が70人も集まり、花火大会で出たゴミなどを片付けていました。

きっと、参加者全員が花火大会参加者というわけでも無いのでしょう。

近隣住民やボランティアのみに参加された方も居たのではないでしょうか。

43万人が利用した後を70人で片付けると思うと途方もなく聞こえますが、ボランティアは一時間以上清掃活動をし、その後は無料で振る舞われた朝食を堪能。

全員が清々しい顔をしていました。

 

大濠公園のヒマワリが踏み倒される被害が発生!

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180802-00000003-tncv-l40