大阪・堺市の住宅で、5歳の男の子が、 ドラム式洗濯機 の中で意識不明の状態で見つかり、その後、 死亡 していたことがわかりました。この記事ではドラム式洗濯機による子供の死亡 事故 の原因や、その防止策、方法などについてまとめています。

https://www.houdoukyoku.jp/clips/CONN00383298

 

ドラム式洗濯機の中で5歳男児を発見、死亡

https://www.houdoukyoku.jp/clips/CONN00383298
大阪・堺市の住宅で、5歳の男の子が、ドラム式洗濯機の中で意識不明の状態で見つかり、その後、死亡していたことがわかった。

27日午後3時ごろ、堺市に住む男性(32)から、「息子が洗濯機に入って意識がない」と、消防に通報があった。

消防が駆けつけたところ、5歳の男の子が、意識不明の状態で倒れていて、病院に運ばれたものの、死亡した。

男の子に目立った外傷はなく、父親は警察に「息子と昼寝をしていて、目が覚めたらいなかった。探したところ、洗濯機の中で見つけた」と話している。

洗濯機に水は入っておらず、ふたは閉まった状態で、警察は、男の子が誤って洗濯機に入り、閉じ込められた可能性があるとみて調べている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180128-00025337-houdouk-soci

 

ドラム式洗濯機の子供の死亡事故を防ぐ方法とは?

https://www.houdoukyoku.jp/clips/CONN00383298

 

チャイルドロックなどの機能を活用する

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180128-00000046-asahi-soci.view-000
日本電機工業会(東京)は、チャイルドロック機能の活用を推奨する。運転中だけでなく、電源を切った状態でもドアが開かないようにできる。事故防止に効果があるとされ、多くの機種に採用されている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180128-00000046-asahi-soci.view-000

 

ドアを忘れずに閉め、ゴムバンドなどで侵入防止

子どもが勝手に入らないようにドアを閉めることや、ゴムバンドをかけるなどしておく防止策を呼びかけた。メーカーも取扱説明書で注意を促したり、本体に警告のシールを貼ったりしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180128-00000046-asahi-soci.view-000

 

内側からドアを開けれる「閉じ込め防止機能」を搭載した機種も

 
 青梅市の事故後、各メーカーは安全対策を強化。ドラム内に閉じ込められても、内側からドアを開けることができる「閉じ込め防止機能」を付けた機種も販売された。

ただ、大阪市の大手家電量販店の売り場担当者によると、この機能付きの機種は数が少なく、「まずはチャイルドロックを役立ててほしい」と話している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180128-00000046-asahi-soci.view-000

後を絶たないドラム式洗濯機の子供の事故を見かねてか、メーカーは安全対策を強化し、内側からもドアの開けれる「閉じ込め防止機能」を備えたドラム式洗濯機などの開発も行ったようです。

しかしコストがかかってしまうのか、チャイルドロックに比べれば搭載している機種は少ないとの事。やはり多くの機種に備わっているチャイルドロック機能を忘れずに活用するのが一番現実的なのかもしれません。

 

2ch(5ちゃんねる)では事故ではなく殺人の可能性を指摘する声も?