福井県にある「池田町立池田中学校」で中学2年の男子生徒が担任・副担任による激しい叱責が原因で自殺する事件がありました。
副担任の名前は山内こずえさんだと言われています。
その山内さんの反省の言葉が新たに報道され話題になっています。



TOP画像引用元:https://renxrin07.com/2017/10/17/327/

関連記事:
中2男子の副担任の名前は山内こずえ?Facebookが特定?自殺に追い込んだ講師は小6から自殺した生徒を叱責していた?母が「副担任を変えて」と懇願するも学校は対応せず...

池田中学校の中2の男子生徒が自殺した理由はイジメではなく教師の叱責(しっせき)!過呼吸になるほどの精神的ストレスを与え続けたその内容とは?まとめ

 

副担任の激しい叱責により中2男子生徒自殺

https://twitter.com/

福井県池田町教委は15日、町立池田中学校で2年の男子生徒(当時14)が今年3月に自殺したと発表した。

担任と副担任から厳しい指導や叱責(しっせき)を繰り返され、精神的なストレスが高まったことが大きな要因だと結論づけた。

内藤徳博教育長は「大変深く反省している。学校の対応に問題があった」と謝罪した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171015-00000042-asahi-soci

詳しくはこちらからお読みください。

池田中学校の中2の男子生徒が自殺した理由はイジメではなく教師の叱責(しっせき)!過呼吸になるほどの精神的ストレスを与え続けたその内容とは?まとめ

中2男子の副担任の名前は山内こずえ?Facebookが特定?自殺に追い込んだ講師は小6から自殺した生徒を叱責していた?母が「副担任を変えて」と懇願するも学校は対応せず...

中2男子以外にも被害者が

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171021-00010000-fukui-l18.view-000

福井県池田町立池田中で3月、2年の男子生徒=当時(14)=が担任と副担任からの厳しい指導を苦に自殺した問題で、男子生徒の自殺後、1年生の女子生徒が不登校になっていたことが21日、町教委などへの取材で分かった。男子生徒を叱責したのと同じ副担任から指導を受けており、保護者から「厳しすぎる」との指摘があったという。

 関係者によると、女子生徒は春ごろから断続的に学校を休み、9月には「学校に行きたくない」として登校しない日があった。副担任は30代の臨時採用職員で、昨年度は2年生を受け持っていたが、4月から1年生の副担任になっていた。同校が行ったアンケートで女子生徒の保護者から「副担任から大きな声でしかられた」との指摘があった。副担任は報告書が公表されて以降、出勤していないが、女子生徒への叱責を否定しているという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171022-00000064-san-soci

女子生徒への叱責は否認しているそうですが、ネット上では多くの批判が集まりました。

担任や副担任に批判が集まっていますが、調査委員会の聞き取りに反省の言葉を述べていたそうです。

 

担任・副担任の反省の言葉

https://brandnew-s.com/2017/10/17/yamauchikozue/

福井県池田町の町立池田中学校で今年3月、2年生の男子生徒(当時14歳)が自殺した問題で、男子生徒に叱責(しっせき)を繰り返していた担任の男性教師(30歳代)と副担任の女性教師(同)が、調査委員会の聞き取りに反省の言葉を述べていることがわかった。

 調査委員会の委員長を務めた松木健一・福井大教授らが24日午前、町内で記者会見し、明らかにした。

 松木委員長によると、担任は「もっと子どものことを理解すべきだった」と話し、副担任は「なぜこんなことになったのかわからない」と語っているという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171024-00050070-yom-soci

 

Twitterの反応

 

山内こずえの詳細情報