メンタリストDaiGoが監修するマッチングアプリwith 」。Facebookを利用した安心安全なシステムで身バレもしないと良い評判が多いようです。

今回は、心理学や統計学も使われているというwithのリアルな評判や利用者にどんな人がいるのかをまとめてみました!

TOP画像引用元:https://itunes.apple.com/jp/app/出会いはwith-ウィズ-婚活-恋活-恋愛アプリ

with(ウィズ)とは

https://curazy.com/archives/120727
サービス名with
運営会社株式会社IGNIS
リリース年2016年
料金プラン1ヶ月プラン 3400円
3ヶ月プラン 8800円
6ヶ月プラン 16800円
12ヶ月プラン 24800円
VIP専用プラン 3400円(30日更新)
会員数非公開
年齢確認あり
動作環境iOS9.0〜/Android4.0.3〜

withとは、メンタリストのDaiGoが監修している婚活・恋活サービス。
DaiGoが得意とする心理学と統計学を駆使したマッチングアプリであるwithは、登録は無料で月額課金制を採用しており、2016年開始のサービスでありながら多くのユーザーを抱えています。

安心安全「with」恋愛婚活マッチングアプリ

 

with(ウィズ)は無料でどこまでできる?

http://syumimuchu.com/with-yuryou-muryou

ダウンロード自体は無料ででき、手軽に始められるwith。女性会員は無料で全機能を使用することができます。

しかし、男性会員は無料ではメッセージの開封もできず、できることはマッチングした相手に1通だけメッセージを送ること。
しかも、1通目で連絡先を交換することはできなくなっているため、男性の場合は有料会員でなければwithをやる意味はありません。

では、withにあって他のアプリにはない特徴はどんなものなのでしょうか。

 

with(ウィズ)の特徴

https://netoyome.com/withkutikomi/

withの特徴は、メンタリストDaiGoが監修する「相手との共通点が見つかる」システム。withには様々な心理テストが盛り込まれており、定期的に誰が自分の思考とマッチするのか、また、その反対なのかがわかるキャンペーンが行われます。

このシステムのおかげで、withではマッチング後の会話が弾みやすく、よりその後の関係が発展する可能性が高まるそうです。
実際に、withを利用して出会ったカップルが結婚したケースも多くあるようで、真剣な出会いを求めている人にうってつけのマッチングアプリだと言えます。

このように、今までのマッチングアプリにはない長所が数多くあるwith。いい話ばかりではなかなか人間は信用できないもの。
ここからは、withの良い評判と悪い評判の両方をまとめていきます。


 

with(ウィズ)の悪い評判は?

心理学を取り入れたマッチングが好評のwith。しかし、ネット上では、なかなかマッチングできないとの声や、料金が気になるとの声があるようです。

たしかに、withは他のマッチングアプリと比較するとほんの少しだけ料金が高くなっています。
ですが、with独自の心理学を用いたマッチングでは、お相手と距離を縮めやすくなってるため、他のマッチングアプリよりも無駄足を踏む確率が低くなるよう。長い目で見ればwithはコストパフォーマンスが良いといえるようです。


 

with(ウィズ)の良い評判は?

https://pairs-with-omiai.com/2016/08/02/with-meeting-after-matching/

withの良い評判の中で多く見られるのは、「自分を分析してくれる」というもの。withを利用中に登場する心理テストが自分のことを分析してくれるため、自分のことをよく理解してから自分にあった女性を選ぶことができる点が多くのユーザーから人気を集めている理由のようです。

では、実際にwithにはどんな女性が登録しているのでしょうか。

 


with(ウィズ)は出会いを求める女性の宝庫?