ワイドナショー 松本

フジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)で4日、先週5月28日の放送でスタジオジブリの宮崎駿監督(76)の「架空」の引退宣言集を紹介したことを謝罪した際に、松本人志が「今度こういうことがあったときは、僕はもう『ワイドナショー』を降りようと思っている」と発言した事がネット上で話題になっているようです。詳しく調べてみました。

http://pinky-media.jp/I0006596

 

「ワイドナショー」宮崎監督引退宣言誤用で謝罪 松本人志「次に起きたら降板」

ワイドナショー http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1705/29/news138.html  
フジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)は4日、先週5月28日の放送でスタジオジブリの宮崎駿監督(76)の「架空」の引退宣言集を紹介したことを謝罪した。5月29日に番組公式サイトにお詫び文を掲載したが、あらためて番組内でも謝罪。

また、メーンコメンテーターの「ダウンタウン」松本人志(53)が、同じことが起きた場合は同番組を降板する意向を示した。

 番組冒頭で、同局の秋元優里アナウンサー(33)があらためて謝罪文を読み上げ、出演者が頭を下げた。そんな中、松本が「スタッフの責任として丸投げするのは嫌なのですよ」と切り出し、言葉を続けた。

 「正直言うと、“知らんがな”ですよ」と心情を明かしつつ、それでも「与えられた情報で、それを信じてしゃべるしかない。文言を全部確認して、裏取りもしないといけないのは我々の仕事ではない」とコメント。

そして「今後、このようなことがあったらワイドナショーを降りようと思ってます。マジです」と同じようなことが繰り返された場合は番組を降板することを宣言した。

 その発言の理由については「責任を取るという意味じゃないです。そんなかっこいいもんじゃない。ニュースを扱うということは、それくらい緊張感をもたないといけない」とした。

 問題となったのは5月28日の放送。「宮崎駿『引退撤回』新作長編アニメ始動!」というニュースを取り上げた中で、宮崎監督が過去7回、引退宣言をしたと紹介し、その際の発言を「引退宣言集」としてフリップにまとめた。

 しかし翌29日になり、これが「実際には宮崎駿氏の発言ではなかったことが分かりました。真偽を確認しないまま放送に至り、宮崎駿氏並びに関係者の皆様、視聴者の皆様にご迷惑をお掛けしたことを深くお詫び申し上げます」と番組公式サイトで謝罪した。

 1986年「天空の城ラピュタ」時の「人生で最高に引退したい気分」など、フリップの文言が、2013年9月にツイッターに投稿された創作文章と一致。

このツイッターユーザーが28日に「ぼくのネタツイート(当然ながら宮崎駿が言ったセリフではない)がテレビで使われてるんですが」とし、フジに訂正報道を求めたことを明かしたため、SNS上で「フジが創作ツイートを誤用した」などと騒動になった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170604-00000095-spnannex-ent

 

松本人志、「次はワイドナショーを降りる」誤報問題に戒め

ワイドナショー http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1705/29/news138.html
ダウンタウンの松本人志(53)が6月4日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演し、アニメ映画を手掛ける宮崎駿監督(76)の引退撤回を報じた放送回での誤報について言及した。

同番組では5月28日放送回にて「宮崎駿『引退撤回』新作長編アニメ始動!」というニュースを取り上げ、宮崎監督による“過去の引退宣言集”を紹介した。

<ところが実際には宮崎監督本人の発言ではなく、Twitterでは誤りに気付いた視聴者により放送直後から《ぼくのネタツイート(当然ながら宮崎駿が言ったセリフではない)がテレビで使われてる》などの投稿が相次いでいた。

フジテレビは29日、公式サイトにて「お詫び」と題したコメントを発表。この日の放送回でも司会の東野幸治(49)ら出演者が改めて頭を下げた。

東野から話を振られた松本は、「スタッフに責任を丸投げするのは嫌なんです」と前置きしつつも、「正直言うと『知らんがな!』ですよ。

我々は与えられた情報を信じて喋るしかない。それをやめるならば、東野も俺も何時間も前にスタジオに入ってニュースを全部決めて、文言も全部確認して、裏取りもしないといけない。

そんなことできるわけないし、我々の仕事ではない」と、自身に責任はないことを断言した。 それでも松本は、

「今度こういうことがあったときは、僕はもう『ワイドナショー』を降りようと思っている」

と話したため、スタジオは騒然。<焦った東野が「ちょっと待ってください。ボケなのかマジなのか」と尋ねると、松本は「マジです。責任を取るという意味じゃないですよ。そんな格好のいいものではなくて。それくらい失敗のないように緊張感を持って。ニュースを扱うとは、そういうことなんだと」と、場を戒めた。

続けて松本は、この誤報を取り上げたニュースにも言及。「すごく嫌な記事を見たんですよ。『言っていない文言を取り上げてスタジオで小馬鹿にして笑っていた』というふうに書かれていたんですけど、それはないよね!」と、内容についてきっぱりと否定。

「『すげーな!』と、盛り上がっていただけ。馬鹿にする空気は一切なかったんですが、そう書かれているニュースが(宮崎)監督の耳に入ったら嫌じゃないですか」と、不快感をあらわにした。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170604-00010005-jisin-ent

フジテレビの謝罪文章全文


2017年5月28日(日)10:00~11:15放送の「ワイドナショー」において「宮崎駿『引退撤回』新作長編アニメ始動!」という内容を放送いたしました。

その中で宮崎駿氏の過去の引退に関わる発言としてフリップで紹介した内容が、実際には宮崎駿氏の発言ではなかったことが分かりました。

真偽を確認しないまま放送に至り、宮崎駿氏並びに関係者の皆様、視聴者の皆様にご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

http://www.huffingtonpost.jp/2017/05/29/wai-do-na-shou_n_16863524.html

ワイドナショーの誤報についてフジテレビ企業広報部の担当者の対応


——Twitterにあった発言をもとに引退宣言をまとめたのですか?
番組制作に関わることなので言えません
——なぜ発言の真偽を確認しなかったのですか?
番組制作に関わることなので言えません
——宮崎駿監督側には謝罪するのですか?
先方もいることであり、回答は差し控えます
——番組内でも釈明や謝罪は予定していますか?
対応は検討はしていますが、詳しくは番組制作に関わることなので言えません
——なぜ番組制作だと言えないのですか。その理由は何ですか。言える、言えないの基準は何なのですか?
えっ、それは番組制作のことなんだから言えないということです
——理由を含めて言えないということでしょうか?
そうです


http://www.huffingtonpost.jp/2017/05/29/wai-do-na-shou_n_16863524.html

なんか釈然としない一問一答ですね…この対応が事実であれば、この担当者の方は謝罪する意図が本当にあるのかどうか分からないといった印象を受けました。

宮﨑駿の引退宣言集 元ネタツイート

 

松本人志の「次あったら降りる」発言から数分後に早くも誤報したとの情報も