政府は10日午前、神奈川県座間市のアパートで白石隆浩容疑者により9人が殺害されクーラーボックスの中から遺体が見つかった事件を受け、首相官邸で関係閣僚会議を開催し、年内をめどに再発防止策を取りまとめる方針で、ツイッターの規制なども検討している事が分かりました。この記事ではこの政府のTwitter規制対応についてのネット上の反応などをまとめています。座間市アパートでの事件については下記の記事もご参照下さい。

白石隆浩容疑者は父親とグル?犯罪歴がある?座間市の死体遺棄事件には複数人が関与していた可能性も...遺体はノコギリで解体か


TOP画像引用元:https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20161369005/
        

 

                                            

Twitter(ツイッター)規制を政府が検討=座間9遺体事件で年内に再発防止策

http://image.itmedia.co.jp/l/im/business/articles/1711/10/l_sk_suga.jpg
政府は10日午前、神奈川県座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件を受け、首相官邸で関係閣僚会議を開催した。

年内をめどに再発防止策を取りまとめる方針で、ツイッターの規制なども検討する。直ちに実施できる対策があれば、防止策の取りまとめを待たずに採用する。

菅義偉官房長官は席上、「各閣僚がリーダーシップを発揮し、関係省庁連携の下に政府一体となった対策強化を行い、再発防止を徹底したい」と強調。

菅氏は、(1)事件の全容解明と関係省庁の情報共有(2)自殺に関する不適切なサイトや書き込みへの対策強化(3)インターネットで自殺願望を発信する若者の心のケア対策の充実—を指示した。

会議には小此木八郎国家公安委員長、野田聖子総務相、林芳正文部科学相らが出席。来週、関係省庁の局長級会議を開催する。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00000051-jij-pol

 

Twitter(ツイッター)規制は考え過ぎ?具体的な内容は言ってない(書いてない)との声も

http://twitter.ulawaza.biz/entry25.html

この政府が発表した座間市の事件再発を防止する為の対応策ですが、現時点で3項目が菅義偉官房長官により明らかにされておりその内容は以下の通りです。

(1)事件の全容解明と関係省庁の情報共有
(2)自殺に関する不適切なサイトや書き込みへの対策強化
(3)インターネットで自殺願望を発信する若者の心のケア対策の充実

政府の発表には「ツイッター」もしくは「Twitter」などの具体的なSNSサービス名は含まれてなかったようですが、おそらくこの2つ目の項目の、

自殺に関する不適切なサイトや書き込み

という内容が、今回の座間市の事件で白石容疑者が被害者と連絡を取っていたSNS=Twitterと早合点され、このような報道内容になったのでは?と推測できます。

Twitter(ツイッター)規制はマスコミによる印象操作や偏向報道の可能性も?

https://search.yahoo.co.jp/image/search