落雷事故

2012年にEXILEなどが出演する野外コンサートに向かう途中、22歳女性会社員の岩永牧子さんが落雷をうけ死亡した事故で、遺族・両親が主催者側に訴訟を起こしていましたが最高裁が上告を棄却し、遺族側の敗訴が確定しました。

この記事では事件の詳細やネット上の反応をまとめています。



http://www.asiapress.org/apn/author/japan/exile-rakurai-03/

 

落雷死、遺族側の敗訴確定=イベント主催者への請求棄却―最高裁

落雷 遺族 裁判 http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/9255750.html
大阪市東住吉区の長居公園で2012年、野外コンサートに向かう途中で落雷に遭い死亡した会社員岩永牧子さん=当時(22)=の遺族が、主催した「エイベックス・ライヴ・クリエイティヴ」など2社に損害賠償を求めた訴訟で、請求を退けた一、二審判決が確定した。

 最高裁第2小法廷(小貫芳信裁判長)が19日付で遺族側の上告を棄却する決定をした。

 岩永さんは12年8月、コンサート会場近くで落雷に遭い死亡。両親=北九州市=は主催者が安全対策を怠ったと主張したが、一審大阪地裁は「落雷の危険から保護する義務があったとは認められない」と請求を退け、二審大阪高裁も支持した。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170720-00000089-jij-soci

 

落雷事故の詳細

長居公園 落雷 http://blog.goo.ne.jp/kenken1948/e/ebe77c3b016780283683737e3cd43388
2012年8月18日、その日の大阪の天気は午前中こそ快晴だったものの、午後から崩れ始める。強い雨は路面を叩き、雷鳴が辺りにとどろき始めた。

この日、大阪市の長居公園では人気グループ「エグザイル(EXILE)」や「三代目 ジェイ・ソウル・ブラザーズ(三代目J Soul Brothers)」などが出演する「エイ・ネーション2012(a-nation 2012)」の大規模なコンサートが午後から予定されていた。

北九州市からコンサートを楽しみに大阪に来た岩永牧子さん(当時22歳)は、会場のある長居公園の地下鉄駅の改札を13時32分に出たことがわかっている。そして雨と落雷を避ける為に、14時10分過ぎ(訴状では10分~15分)に公園内の木陰に避難、そして落雷。

雷の直撃を受けた岩永牧子さんはその場に倒れる。近くの病院に運ばれるが、死亡が確認される。

http://www.npo-iasia.org/archive/2016/03/a-nation2012.html

 

事故当日の2012年8月18日、気象庁は大阪府全域に雷注意報を出していた


落雷事故 https://news.yahoo.co.jp/byline/morisayaka/20160529-00058229/
この日、気象庁は事故前日の15時25分に大阪府全域に雷注意報を出している。また大阪市には13時48分に大雨注意報、洪水注意報が発せられ、14時9分には大雨警報(浸水害)、洪水警報が発せられていた。

つまり、牧子さんでなくても、誰かが落雷事故にあう恐れは当日の午前中からあったとも考えられる。

http://www.npo-iasia.org/archive/2016/03/a-nation2012.html

 

コンサート主催者(エイベックス)側は「事前に落雷注意報も把握していた」と説明


ライブ事務局は「事前に落雷注意報も把握していた」と説明。雷の移動を予測できるサービスを導入し、雷雨が強くなった時点で競技場などに誘導して注意喚起したという。

岩永さんらが落雷に遭った場所は「イベントで借りている敷地外だった」と説明、「亡くなられたお2人には、心よりご冥福をお祈り申し上げます」とした。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASHC17008_X10C12A9AC8000/

 

岩永さんの両親は主催者が安全対策を怠ったなどと主張するも判決は…