北朝鮮、ミサイル発射失敗 http://jp.reuters.com/article/northkorea-usa-missile-idJPKBN17H0O5

米韓両軍の発表によると、北朝鮮が16日午前6時21分(日本時間同)、東部・新浦付近から弾道ミサイル1発の発射を試みたが、失敗したとの事です。近頃話題になっている北朝鮮情勢・ミサイル問題について調べてみました。北朝鮮ミサイル問題で注目されている「Jアラート」って一体何?警報が鳴ったら取るべき避難行動などまとめの記事も併せて読んで頂けますと幸いです。

北朝鮮、弾道ミサイル発射に失敗=米副大統領の訪韓直前―挑発続く恐れ

米太平洋軍はこれに関し、ミサイルは発射直後に爆発したとの見方を示した。また、米当局者はミサイルの種類について、大陸間弾道ミサイル(ICBM)ではなかったと強く確信しているとロイター通信に語った。

ミサイルは陸上から発射されたという。  北朝鮮は15日の故金日成主席の生誕105周年を祝賀する軍事パレードで、新型のICBMとみられる各種ミサイルを公開し、米国との対決姿勢を鮮明にしたばかり。今後も挑発行動を続ける可能性がある。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170416-00000012-jij-kr

 

もしミサイルが北朝鮮から日本へ向けて発射された場合はどうなる?

ミサイル図http://www.clearing.mod.go.jp/hakusho_data/2010/2010/html/m3121100.html

北朝鮮からミサイルが発射された場合、そのミサイルが日本に落ちるまで約10分程度。 よく速報で北朝鮮からミサイル発射ニュースが流れてきますが、本当に日本の中心部を狙った本気ミサイルの場合、約10分程度で避難するしかなく、核シェルターでも持ってない限り、いくらミサイル発射の速報が流れてすぐに対処できるわけがありません。 そこで日本には、他国の攻撃を防ぐためのPAC3などの迎撃ミサイルが配備されています。

http://arcanaslayerland.com/2017/04/11/north-korea-missile/

北朝鮮からミサイルが発射された場合、そのミサイルが日本に落ちるまで約10分程度

との事なので、10分の猶予しか無いと考えると本格的な避難はまず難しそうですね。ではPAC3などの日本に配備されている迎撃ミサイルの信頼性はどうなのでしょうか。

 

日本のミサイル防衛はほぼ高確率(100%)で他国の弾道ミサイルを迎撃できる

日本のミサイル防衛は、弾道ミサイルを大気圏外で破壊するSM3と、大気圏内に再突入してきた弾道ミサイルを破壊するPAC3があり、それらを合わせると、ほぼ高確率(100%)で他国の弾道ミサイルを迎撃できるというデータもあるそうです。

http://arcanaslayerland.com/2017/04/11/north-korea-missile/



日本のミサイル迎撃システムは上記画像のような感じになりますが、日本にはより高度でミサイルを迎撃できるTHAAD(サード)が配備されていないのが残念なところですね。(ちなみに韓国には配備されている)

しかし、ミサイル攻撃にも色々とパターンがあるので、必ずしも安全圏でのミサイル迎撃が可能かというと、そこまでの保証は誰にもできないというのが本音だと思います。

たとえば、数十発同時に打ち込まれたミサイルを一発でも迎撃できなければ、甚大な被害を受けてしまう可能性があるので、迎撃の確率については100%安心とまではいかないかと思います。

もし仮に北朝鮮から核弾頭ミサイルが発射された場合は、発射確認後、確実に撃ち落とされると予想されていますし、その際はアメリカから核の報復を受けることになるので、そもそもその心配はないという人もいます。

http://arcanaslayerland.com/2017/04/11/north-korea-missile/


PAC3と新型SM3の併用でほぼ100%で他国のミサイルを迎撃できるというのは心強いですよね。

勿論何かしらのイレギュラーがあれば日本への着弾の可能性も無い訳ではなさそうですが、確かにこれだけ緊迫している北朝鮮ミサイル情勢の中でもいつもと変わらぬ日常を送れているのはこの優秀な迎撃システムの配備のおかげとも言えそうです。

これらの事実を考えれば、北朝鮮が自国の近くにすぐ落下してしまうミサイルを複数回打っているのも牽制の意味あいが強いのかなと納得がいきますよね。

 

アメリカが北朝鮮を攻撃する可能性は何パーセント?

北朝鮮、ミサイル発射失敗 http://jp.reuters.com/article/northkorea-usa-missile-idJPKBN17H0O5

米韓両軍の発表によると、北朝鮮が16日午前6時21分(日本時間同)、東部・新浦付近から弾道ミサイル1発の発射を試みたが、失敗したとの事です。近頃話題になっている北朝鮮情勢・ミサイル問題について調べてみました。北朝鮮ミサイル問題で注目されている「Jアラート」って一体何?警報が鳴ったら取るべき避難行動などまとめの記事も併せて読んで頂けますと幸いです。

北朝鮮、弾道ミサイル発射に失敗=米副大統領の訪韓直前―挑発続く恐れ

米太平洋軍はこれに関し、ミサイルは発射直後に爆発したとの見方を示した。また、米当局者はミサイルの種類について、大陸間弾道ミサイル(ICBM)ではなかったと強く確信しているとロイター通信に語った。

ミサイルは陸上から発射されたという。  北朝鮮は15日の故金日成主席の生誕105周年を祝賀する軍事パレードで、新型のICBMとみられる各種ミサイルを公開し、米国との対決姿勢を鮮明にしたばかり。今後も挑発行動を続ける可能性がある。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170416-00000012-jij-kr

 

もしミサイルが北朝鮮から日本へ向けて発射された場合はどうなる?

ミサイル図http://www.clearing.mod.go.jp/hakusho_data/2010/2010/html/m3121100.html

北朝鮮からミサイルが発射された場合、そのミサイルが日本に落ちるまで約10分程度。 よく速報で北朝鮮からミサイル発射ニュースが流れてきますが、本当に日本の中心部を狙った本気ミサイルの場合、約10分程度で避難するしかなく、核シェルターでも持ってない限り、いくらミサイル発射の速報が流れてすぐに対処できるわけがありません。 そこで日本には、他国の攻撃を防ぐためのPAC3などの迎撃ミサイルが配備されています。

http://arcanaslayerland.com/2017/04/11/north-korea-missile/

北朝鮮からミサイルが発射された場合、そのミサイルが日本に落ちるまで約10分程度

との事なので、10分の猶予しか無いと考えると本格的な避難はまず難しそうですね。ではPAC3などの日本に配備されている迎撃ミサイルの信頼性はどうなのでしょうか。

 

日本のミサイル防衛はほぼ高確率(100%)で他国の弾道ミサイルを迎撃できる

日本のミサイル防衛は、弾道ミサイルを大気圏外で破壊するSM3と、大気圏内に再突入してきた弾道ミサイルを破壊するPAC3があり、それらを合わせると、ほぼ高確率(100%)で他国の弾道ミサイルを迎撃できるというデータもあるそうです。

http://arcanaslayerland.com/2017/04/11/north-korea-missile/



日本のミサイル迎撃システムは上記画像のような感じになりますが、日本にはより高度でミサイルを迎撃できるTHAAD(サード)が配備されていないのが残念なところですね。(ちなみに韓国には配備されている)

しかし、ミサイル攻撃にも色々とパターンがあるので、必ずしも安全圏でのミサイル迎撃が可能かというと、そこまでの保証は誰にもできないというのが本音だと思います。

たとえば、数十発同時に打ち込まれたミサイルを一発でも迎撃できなければ、甚大な被害を受けてしまう可能性があるので、迎撃の確率については100%安心とまではいかないかと思います。

もし仮に北朝鮮から核弾頭ミサイルが発射された場合は、発射確認後、確実に撃ち落とされると予想されていますし、その際はアメリカから核の報復を受けることになるので、そもそもその心配はないという人もいます。

http://arcanaslayerland.com/2017/04/11/north-korea-missile/


PAC3と新型SM3の併用でほぼ100%で他国のミサイルを迎撃できるというのは心強いですよね。

勿論何かしらのイレギュラーがあれば日本への着弾の可能性も無い訳ではなさそうですが、確かにこれだけ緊迫している北朝鮮ミサイル情勢の中でもいつもと変わらぬ日常を送れているのはこの優秀な迎撃システムの配備のおかげとも言えそうです。

これらの事実を考えれば、北朝鮮が自国の近くにすぐ落下してしまうミサイルを複数回打っているのも牽制の意味あいが強いのかなと納得がいきますよね。

 

アメリカが北朝鮮を攻撃する可能性は何パーセント?