乃木坂46東京ドームでのライブでワイヤーで吊っていたカメラが落下し、けが人が出たようです。幸い大きな怪我をした人はいなかったようですが、あわや大事故であった事故現場の様子を捉えた画像や、事故後の運営側の対応についてまとめてみました!

TOP画像引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1510104265/

乃木坂46のコンサートが開催!

http://realsound.jp/2017/04/post-12210.html
乃木坂46が11月に東京・東京ドームで2DAYSのワンマン公演を開催することが決定した。

これは本日7月2日に東京・明治神宮野球場で行われた彼女たちの全国ツアー「乃木坂46 真夏の全国ツアー2017」の東京公演の中で発表されたもの。東京ドーム公演は、このツアーの最終公演として実施される。乃木坂46が東京ドームで単独公演を行うのは今回が初めて。

http://natalie.mu/music/news/239164

アイドルグループ乃木坂46が、2017年11月7日に東京ドームでライブ「真夏の全国ツアー2017 FINAL!」を開催。会場には大勢の乃木坂ファンが集結し、初となる東京ドームでのライブを盛り上げました。 しかし、その記念すべき東京ドーム初ライブで危険な事故が起きたようです・。


 

乃木坂46のコンサートで40キロのカメラが落下

https://www.satois.co.jp/technicalcenter/
7日午後8時ごろ、東京ドーム(東京都文京区)であったアイドルグループ「乃木坂46」のコンサート中、撮影用に設置されていた長さ1・5メートル、重さ約40キロの上空カメラのワイヤが切れ、約6メートル下のアリーナ席に落下した。
カメラが足などにぶつかり、男性客3人が軽傷を負った。警視庁は、業務上過失傷害の疑いもあるとしてワイヤを設置した会社を調べる方針。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6260383

乃木坂46のライブの開演中、重さ40kgもあるワイヤーで吊るされていた上空カメラが6メートルの高さから落下。カメラの真下には客席があり、あわや死亡事故という危険な事故が起きました。
事故の怪我人の容態はどのような状況なのでしょうか。

 

怪我人は?

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1510104265/

こちらの画像は怪我人が担架で運ばれている様子を映したもの。運ばれた男性は彼女連れの大学生だったようです。
この事故による怪我人は3人出ており、ネット上の情報によると、怪我人の一人はこの画像のように担架で運ばれたそう。しかし、3人とも奇跡的に直撃は免れたため、軽傷で済んだようです。

では、事故が起きた直後の事故現場はどのような状況だったのでしょうか。

 

事故現場の画像は?









http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1510104265/

事故現場は会場のアリーナ席だったよう。事故の激しさを物語るかのようにパイプ椅子の背もたれ部分は大きく曲がっている様子が見て取れます。

これが仮にファンの頭に直撃していたとしたら、死亡事故になってもおかしくなかったと言われており、運営への管理の徹底と早期の対応が求められています。


 

乃木坂46の運営は事故に対して非対応だった?