新潟・長岡市で、8月20日から行方不明となっていた中学3年の男子生徒・片桐悠馬さんが24日、遺体で見つかりました。この記事ではネット上の反応などについてまとめています。

TOP画像引用元:twitter.com

 

新潟・長岡市で不明の男子生徒・片桐悠馬さん遺体で発見

twitter.com
twitter.com
twitter.com
twitter.com
twitter.com

新潟・長岡市で、8月20日から行方不明となっていた中学3年の男子生徒が24日、遺体で見つかった。

24日午前9時すぎ、新潟・燕市大川津の西川導水門の近くで、遺体が浮いているのを巡視中の男性作業員が見つけた。

その後、警察が調べたところ、歯形などから、遺体は、8月20日から行方がわからなくなっていた長岡市三ツ郷屋の中学3年生・片桐悠馬さん(15)であることがわかった。

片桐さんは、8月20日午前5時ごろに自宅を出たまま戻らず、警察が公開捜査をしていた。

警察は、死亡した経緯を調べている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170824-00017110-houdouk-soci

 

遺体で発見された片桐悠馬さんの画像

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1503564995/

 

片桐悠馬さんが行方不明になった理由はてんかんだった?

片桐悠馬さんは「てんかん」という脳の一部が神経に伝わり感覚がなくなりしびれる病気を患っていたそうで、日ごろからてんかんの為の薬を飲んでいたようです。

家族の証言によりますと朝、夜と片桐悠馬さんは前日まで持病であるてんかんの薬を飲んでいたそうですが、行方不明になった当日は薬を飲んでいたか不明で いつのまにか布団から出ていなくなっていたとの事。

ネット上を調べていると片桐悠馬さんが行方不明になった原因はてんかんだったという情報が多くヒットしますが、てんかんの主な症状は発作などのため、行方不明になった事と どう関係があるのかなとちょっと疑問に思ってしまいます。

 

てんかんとはどんな病気か