他人の飼い に向けて車内から エアガン を撃ったとして、 大阪 府警は12日、堺市西区の会社員の男(38)を動物愛護法違反( 虐待 )の疑いで 書類送検 した事を、発表しました。この記事ではエアガンで猫を打った男の名前などの特定の有無や車の情報、ネット上の反応などをまとめています。この事件については下記の記事もご参照下さい。

猫をエアガンで撃つ虐待動画がTwitterで拡散され話題に…事件を起こした男性の顔画像も判明!車も特定され逮捕も時間の問題か…まとめ


TOP画像引用元:http://www.furanotogo.com/news/shoot-the-cat-in-the-air-gun/

 

他人の飼い猫招き寄せエアガンで 虐待容疑で書類送検

他人の飼い猫に向けてエアガンを撃ったとして、大阪府警は12日、堺市西区の会社員の男(38)を動物愛護法違反(虐待)の疑いで書類送検し、発表した。

「以前にエサをやったときに猫に指を引っかかれ、仕返しするためにエアガンで撃った」と容疑を認めているという。

 住之江署によると、男は11月24日午後1時半ごろ、大阪市住之江区の住宅の駐車場で放し飼いにされていた猫にエアガンを発射し、虐待した疑いがある。

男は「びっくりして逃げていくのが楽しかった」と供述しているという。命中したかどうかは不明で、猫にけがは確認されていない。

 飼い主の男性が先月、車の運転席から男が猫に向けてエアガンを撃つ様子が映った防犯カメラ映像をツイッターに投稿し、批判が広がっていた。

映像には、黒色の乗用車に乗った男が運転席からエサのようなものを投げ、その後、猫が寄ってきたところでエアガンを発射する様子が映っていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-00000057-asahi-soci

 

猫がエアガンで打たれた際の動画

 

エアガンを打った男の画像や名前の特定の有無など