ナスD

ナスDこと陸海空 こんな時間に地球征服するなんて』で一躍話題となった友寄隆英(ともよりたかひで)ディレクター(42)の妻が美人料理研究家の森崎友紀(もりさきゆき)だった事が判明し、ネット上で話題になっているようです。この記事では二人について詳しく調べています。

TOP画像引用元:https://matochan.net/th/1212767

 

テレ朝「ナスD」の妻は美人料理研究家・森崎友紀だった

nasu-d http://www.he-fumu.com/nasu-d
取材を進めると、そんなナスDの妻が意外な人物であるとの情報が飛び出した。過去に本誌のグラビアを飾ったこともある美人料理研究家・森崎友紀(37)だ。テレ朝の『お願い!ランキング』などテレビ出演も多く、2014年にはセクシー写真集『食と欲』も出版している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170721-00000006-pseven-ent

 

なんで「ナスD」と呼ばれてるの?


彼は通称「ナスD」と呼ばれる。アマゾンの原住民から勧められるままに刺青用の染料を顔や体に塗りまくった結果、肌がナスのように青黒く変色し元に戻らなくなってしまったことからその名がついた。

 まさに「規格外」のワイルドぶりで一躍お茶の間の人気者となったのである。その豪快なキャラクターは一緒に秘境を旅する芸人・U字工事の2人が霞んでしまうほどだ。

「業界広しといえどテレビ局社員でここまでの体当たり取材をする人間はいない。あまりのインパクトに番組視聴率はうなぎ登り。7月2日のゴールデン枠で特番を放送すると、裏が日テレのお化け番組『世界の果てまでイッテQ!』にもかかわらず9.6%の高視聴率を叩き出した」(テレ朝社員)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170721-00000006-pseven-ent

 

森崎友紀のブログにはナスDを連想させる内容も


森崎のブログを見ると、確かにナスDを思わせる記述や写真が散見された。たとえば昨年12月19日には〈旦那さんが仕事で秘境の地へ旅立ちました…〉と投稿。

アップされた写真のリュックは、番組でナスDが使用するのと同じもの。今年1月9日の投稿では、番組でナスDが食べた巨大カタツムリと思しき殻を「夫の土産」と紹介している。

 夫であるナスDについて森崎に尋ねると、「夫は一般人ですので(取材は)テレビ朝日さんにお願い致します」との回答。

テレ朝は「社員のプライベートについてはお答えを控えさせて頂きます」というのみだった。まさか森崎も夫がここまでの有名人になるとは思ってもみなかった?

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170721-00000006-pseven-ent&p=2

 

ナスD(友寄隆英)のプロフィール

ナスd http://gj.hatenablog.jp/entry/tomoyori-director   
本名友寄隆英(ともよりたかひで)
生年月日1974年4月6日生まれ(43歳)
出身地兵庫県
職業テレビプロデューサー・演出家
wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/友寄隆英

 

森崎友紀のプロフィール

森崎友紀 http://buzz-press.com/morisakiyuki-kodomo-dannna-14226.html   
本名森崎友紀(もりさき ゆき)
生年月日1979年12月29日(37歳)
出身地日本・大阪府堺市
職業料理研究家
wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/森崎友紀

森崎 友紀さんは、株式会社unity☆magentaの代表で日本の料理研究家でもあります。タレントとしても活動しており、ナスDの愛称で知られるテレビ朝日テレビプロデューサーの友寄隆英の奥さんである事が 最近周知されました。

大阪府堺市出身で「森崎先生」の愛称で親しまれています。

 

森崎友紀は美人料理研究家として有名に!画像まとめ

森崎友紀 http://xn--u8jycrb3f.com/overseas-topic/9529/

森崎友紀 http://pixls.jp/I0001622

森崎友紀 http://sutakorasacchan.com/post-4769/

森崎友紀 http://alwaysnewstrend.com/3929.html

森崎友紀 http://pinky-media.jp/I0015763

森崎友紀 http://blog.livedoor.jp/ninji/archives/46568919.html

森崎友紀 http://muutnet.com/1146.html

確かに美人過ぎる料理研究家と噂されるだけあってアラフォーとは思えないような美しさですね

 

ネット上の反応

 

twitterでの反応

 

まとめ

アマゾンの原住民から勧められるままに刺青用の染料を顔や体に塗りまくるというナスDの破天荒っぷりを支えていたのは、なんと美人料理研究家の森崎友紀さんというのだから驚きですよね。

こんな綺麗な奥さんがおいしい料理を作って家で待っていてくれるというのであれば、ナスDこと友寄隆英ディレクターがあれだけ海外で身体をはって頑張れるのにも納得できてしまいます。

最後までお読み頂きありがとうございました。

サム(SAM)と安室奈美恵の馴れ初めや離婚理由、原因は?再婚相手の年齢は20代の一般女性…サムの実家は「丸山記念総合病院」を運営する超エリート家系だった!