松居一代が2017年7月13日、午後20時過ぎにyoutubeへ「別宅の真相」というタイトルの新作動画をアップし、ネット上で話題になっているようです。その内容や、手紙に封入されていた「おちんちんシール」、手紙の主である大宮エリーという女性についてこの記事ではまとめています。

TOP画像引用元:youtube.com
【追記】 7/19 2:10 「別宅の真相の続き」

 

松居一代、新動画で船越との亀裂の要因手紙を公開


松居一代(60)が13日夜、ユーチューブに新たな動画を公開。現在離婚調停中の夫船越英一郎(56)が11年頃自宅近くに購入したと報道されている別宅について、「物件を探してきたのは妻の私。これには一人の女性が関わっている」と主張した。

 「別宅の真相第1話」として、「事件は2010年9月23日起きました」から始まる動画では、ある女性が船越に宛てた手紙が公開されている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170713-01854939-nksports-ent

 

動画の内容まとめ

・夫の意思で自宅を出て別宅生活を始めたというマスコミの報道は間違っている

・事件は2010年9月23日に起こった

・2011年、本宅から歩いて100歩の所に船越栄一郎が別宅を設けた

・マスコミは夫・船越英一郎の意思で、別宅を設けたと報道していたが間違っている

・別宅の物件を探してきたのは松居一代本人。

・この件には一人の女性が関わっている。その女性の一通の手紙を松居一代が手に取り紹介。

・この女性からの手紙からその別宅の問題は始まった。

・手紙の内容を松居一代が読み上げる

https://www.youtube.com/
・手紙を書いたのは「大宮エリー」

・手紙の中には非常に珍しい「シール」が入っていた。

・そのシールとは、「おちんちんシール」

https://www.youtube.com/
・この手紙がきっかけとなり、夫・船越英一郎は別宅を設けなければいけなくなった。

ここで第一話と題されている松居一代の動画は終わっています。おそらく続きは第二話で明かされるのではないでしょうか。

 

別宅の真相第1話の続き

 

別宅の真相第2話

 

別宅の真相第3話

 

別宅の真相第4話(最終回)

 

松居一代の動画「別宅の真相」手紙全文


船越英一郎さま

あ、親愛なるってつければよかった 実は朝、宿を出るときメッセージを書き残してフロントにあずけようかなって思ったんです

 でもなんか照れくさくって重いと思われないかなと思ってしまい でも残せばよかった

 まさか同じことを考えてたなんて今日のウルトラC、最高に粋な夜やんちゃな約束待ち合わせでしたね

 何が何でも行くって決めてました楽しかったなぁあたしはこういう粋で小意味よい出来事のために生きている生かされていると思って

 あー人生ってだから面白いんだとだから船越さんのおかげでつくづく思いましたどうもありがとうございました

 生涯の友を得た予感とかいてくださったこと一生忘れないです

 予感がずっとつづき確信にいつしかかわりますように私も同じ予感の中酔いしれました

 帰りの新幹線で確信にひたりすがすがしい気持ちで東京へなんだか世代も性別も違うけど何一つ違わない感じがします

 もちろん大先輩尊敬しますがうまくいえないけどそれは言葉にできないもの だから面白いうれしいです最高

 末永く仲良くしてください

 大宮エリー

https://www.youtube.com/watch?v=dhSW6qWspZ8

 

大宮エリーとは?