コミケへの参加を表明したものの「理念に反している」などの批判が相次ぎ、参加を断念した真木よう子さん。

ネット上では本人が送ったとされるDMの内容などから、 家入一真さんら「CAMPFIRE」陣営の計画に利用されてしまったのではないかとの声もあります。

最終的に本人がTwitterのアカウントを削除し、謝罪する結果となった今回の騒動についてまとめてみました!

TOP画像引用元:http://www.huffingtonpost.jp/2017/07/30/makiyoko-twitter_n_17638602.html
真木よう子コミケ参加を断念…批判が殺到しネット炎上した事が理由か?2ちゃんねるでは叶姉妹との違いも指摘…参加発表から不参加報告までの流れまとめ
真木よう子の激痩せ画像が怖い…ドラマ『セシルのもくろみ』出演に「ガリガリ」「顔小さい」「カラコンが不自然」の声…Twitterの神対応・土下座PR動画にはファン歓喜!

 

真木よう子のプロフィール

真木よう子 http://koi-navi.net/wp-content/uploads/2015/10/137091f711e04a85e8a2c12ce5c34984.jpg
本名真木よう子
生年月日1982年10月15日(34歳)
出身地千葉県
職業女優、歌手
事務所フライングボックス
Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/真木よう子

今年で35歳を迎える真木よう子さん。本人は雑誌でのインタビューで好きな本にマンガを挙げるほどのマンガ好きのようですが、コミケへの参加には多くの批判の声が寄せられてしまいました。
批判の対象となったコミケ騒動とはどんな内容なのでしょうか。


 

真木よう子コミケ参加騒動とは?

http://news.livedoor.com/article/detail/13543287/
真木は今月25日、広く一般から資金を調達するクラウドファンディングの専用サイト「CAMPFIRE」を利用してフォトマガジンを自主制作し、12月に開催される「コミックマーケット93(冬コミ)」参加することを表明。しかし、高額の800万円の支援を求めたため、自費出版が原則のコミケへの理解を含めて批判的なコメントが相次ぎ、28日に冬コミ参加を撤回。30日にはフォトマガジン出版企画自体も中止した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170831-00000107-spnannex-ent

「より皆様とお近づきになりたく、この様な企画を思いつきました」との純粋な想いからコミケへの参加、クラウドファンディングの利用を表明したという真木よう子さん。批判の声が相次いだことにより、フォトマガジンを作成するプロジェクトは中止、コミケへの参加も断念するという結果になってしまいました。


 

クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」とは?

https://mag.camp-fire.jp/news/news-19749/
「CAMPFIRE」は、誰でも安心してプロジェクトを始めることができる、日本最大のクラウドファンディング・プラットフォームです。「個展を開催したい」「CDをつくりたい」など、すべての挑戦者の “声” を、ネットで多くの方に届け、充実のサポート体制で支えます。プロジェクト掲載数・PV数も国内No.1を誇り、大手企業や著名なアーティストはもちろんのこと、個人の方や学生にもご利用いただいております。 https://campfire.co.jp/

インターネットを通し、クリエイターや起業家が不特定多数から資金を集めるクラウドファンディングサイト。その黎明期から日本のクラウドファンディング業界を牽引しているのが、家入一真さんが代表取締役社長を務める株式会社「CAMPFIRE」です。

資金を提供する代わりに得られる「リターン(お返し)」を特徴としており、融資や投資と異なる新たな資金調達方法として人気を集めています。


 

真木よう子のTwitterのDMが流出?

https://future-free.com/entertainer/actress/6515/

真木よう子さんがファンとのやり取りで送ったとされるDMの内容が流出。DMの伏せ字の内容は、

コミケの常連は、撮影者の鈴木心さん
コミケとキャンプファイヤを提案したのは鈴木心さん
多額のお金を狙っているのは、キャンプファイヤと北尾修一さん

https://future-free.com/entertainer/actress/6515/

とのこと。真木よう子さんは今回の騒動に「CAMPFIRE」側と北尾修一さんの陰謀が存在していたとの主張をしていたようです。

 

一連の騒動は家入一真「CAMPFIRE」 側の管理不足が原因?

ところが、ICT業界界隈の話を見ていると、事情を知る人物は口を揃えて「真木よう子さんはCampFireに騙されただけ」「真木よう子さんは事情を聴く限りでは本人の責任じゃないと思います」と擁護論が続出している状況で、フォトブック関連の企画をやった側も「コミケでオタク向けの商売をやればボロいと考えた人が真木よう子を担ぎ上げただけですよ」と証言しています。 https://news.yahoo.co.jp/byline/yamamotoichiro/20170830-00075109/

一部の報道によると、今回の騒動の黒幕は家入一真さんが代表取締役社長を務める「CAMPFIRE」であるとの噂が後を絶たないようです。


 

CAMPFIREが見解を発表

https://mag.camp-fire.jp/21319/
CAMPFIREに掲載しておりますプロジェクトにつきまして、一部情報サイト等で報道がされておりますが、株式会社CAMPFIREからの見解を発表させていただきます。

・CAMPFIREはプラットフォームであり目標金額をこちらから無理に設定させていただくようなことは一切ございません。

・プラットフォームとして今回のプロジェクトへのご提案やサポートが行き届いていたかを省みますと反省点も多くございます。今後はより一層の注意を払い、多くの方に引き続き安心してご利用いただけるよう努めて参ります。

2017年8月30日
株式会社CAMPFIRE https://mag.camp-fire.jp/21319/

今回の騒動に対し株式会社CAMPFIREが見解を発表。目標金額の無理な設定に関しては否定したものの、プロジェクトへのサポート不足を認めました。


 

真木よう子Twitterアカウントを削除