91歳で無職の黒岡昭容疑者が1歳の女児をひき逃げした事件が話題となっています。
先日、女子高生2人が高齢者の運転する車にひかれた事件があったこともあり、様々な議論が巻き起こっています。

事件の詳細や高齢者の免許更新の条件や制度、ネットユーザーの反応などをまとめてみました!

TOP画像引用元:https://www.webcartop.jp/2016/12/59825

黒岡昭(91歳)が1歳女児をひき逃げし逮捕

https://www.youtube.com/watch?v=uASm6GJ99jA
女児(1)をはねて重傷を負わせたとして、大阪府警は12日、大阪府藤井寺市藤ケ丘3丁目の無職黒岡昭(あきら)容疑者(91)を自動車運転死傷処罰法違反(無免許過失運転致傷)の疑いで逮捕し、発表した。「人をひいた認識はない」などと話し、容疑を一部否認しているという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180112-00000029-asahi-soci

黒岡昭容疑者が車でわずか1歳の女児をはねた事故が話題となっています。黒岡昭容疑者が91歳と高齢であることから、高齢者による過失運転がまた起きたとネット上で騒がれています。

それでは、どんな状況で事故が起きたのか、事故の詳細を見ていきましょう。

 

事故の詳細

羽曳野署によると、黒岡容疑者は11日午後3時25分ごろ、同市津堂2丁目の市道で乗用車を無免許運転し、近所の女児をはねて、急性硬膜下血腫や頭蓋骨(ずがいこつ)骨折の重傷を負わせた疑いがある。女児に意識はあり、命に別条はないという。免許は2012年4月に失効していた。黒岡容疑者は「近所に用事があった」などと話しているという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180112-00000029-asahi-soci

黒岡昭容疑者が事故を起こしたのは2018年1月11日午後3時頃のことで、大阪府藤井寺市藤が丘三丁目の道路を走行していた黒岡昭容疑者の車が、歩いていた近所の1歳の女児をはねたとのこと。

はねられた女児は頭蓋骨骨折などの重傷を負い、意識はあったようでしたが病院に搬送されたそうです。

 

事故現場周辺の地図

事故現場の周辺は、この画像にあるような狭い道路が入り組んでおり、歩道と車道の境がないような道路も多々あるよう。事故が起きた現場も縁石などがない道だったのかもしれません。


 

黒岡昭は無免許運転だった

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/122600095/011300001/
警察が車の所有者の91歳の男を調べたところ、免許が失効していることがわかり、無免許運転で事故を起こし女の子にけがをさせた疑いで逮捕しました。

逮捕されたのは、藤井寺市藤ヶ丘の黒岡昭容疑者(91)で、調べに対し「運転はしたが、人をひいたという認識はない」などと容疑を否認しているということです。

黒岡容疑者は6年前に免許の更新をしなかったということで、警察はひき逃げの疑いでも調べを進めることにしています。

http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20180112/4307481.html

警察の調べによると黒岡昭容疑者は6年前に免許を失効しており、無免許運転だったそうです。さらに、黒岡昭容疑者は運転をしていたことは認めているものの、女児をひいたことは否定しているため、責任能力があるかどうかを含めてさらに調査が進められるようです。

では、黒岡昭容疑者と同年代の高齢者が車を運転するために免許更新をする際にはどのような対応がとられているのでしょうか?


 

高齢者による免許更新の条件とは?

高齢者の過失運転傷害が頻発し批判の声も...