漫画家で「山尾志桜里を総理にする会」代表の小林よしのり氏が山尾志桜里議員と倉持麟太郎弁護士をめぐる週刊文春の報道に対して真っ向から「叩き潰す」と応戦し、ニコ生で持論を主張。ネット上で「なぜそこまで山尾志桜里議員を擁護するのか?」と話題になっているようです。反応などをまとめました。

 

小林よしのりが山尾志桜里議員をめぐる文春報道に応戦!「叩き潰す」

http://twinavi.jp/topics/news/558cd151-91ac-45c9-a5ea-6b555546ec81
日曜日は生放送で叩き潰す

小林よしのり

「FLASH」『よしりん辻説法』、わしのペン入れがやっと終わった。

すごく時間がかかった。

この回、完成すると相当、可笑しくなるはず。

明日からは幻冬舎『ゴー宣Special』のための読書。

はやくシナリオ作りに入りたい。

もちろん明日、午後9時からニコニコ生放送。

山尾志桜里議員と、倉持麟太郎氏に対する批判・非難がいかに間違っているかを徹底的に論じる。

すでに各方面の良質の知識人から、この不倫スキャンダルに対する疑義が出始めている。

はっきり言って、これは勝てる勝負だ。

木曜日に週刊文春が第二弾をやるつもりだが、内容は予想がつく。

先回りして、やっつけておくが、木曜日に第二弾が掲載されたら、その日のうちに、また生放送をやろう。

来週12日火曜発売の「FLASH」に『よしりん辻説法』が掲載されるが、同じ号で山尾・倉持両氏の記事が出る。

内容はまだ知らないが、わしはあえて「ゴー宣道場」の写真を提供した。

http://lite.blogos.com/article/245290/

小林よしのりのプロフィール

https://matome.naver.jp/odai/2144938972022652401
  
本名小林善範(こばやし よしのり)
生年月日1953年8月31日(64歳)
出身地日本 福岡県福岡市
職業漫画家
wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/小林よしのり
小林 よしのり(こばやし よしのり、1953年8月31日 - )は、日本の漫画家、評論家。「よしりん企画」社長、「ゴー宣道場」主催。

福岡県福岡市出身(出生は大野城市)。本名、小林善範(読み同じ)。福岡大学人文学部フランス語学科卒業。

1976年に『ああ勉強一直線』を投稿しデビュー。『東大一直線』『おぼっちゃまくん』などのヒット作を持つ。

1992年の『ゴーマニズム宣言』以降、ギャグ路線だけでなく思想的・政治思想路線や時事ネタなどの社会評論的な活動も行うようになる。また設定の矛盾をものともしない展開と飛びぬけた発想を身上としている。

これは「細かい設定にこだわっていると、結果として内容がつまらなくなる」との作者の考えのためであり、より良い設定を思いつけば、あえて過去の設定は切り捨てるという。2002年から季刊誌『わしズム』責任編集長なども務める。

https://ja.wikipedia.org/wiki/小林よしのり

 

山尾志桜里のプロフィール

twitter.com
    
本名山尾 志桜里(やまお しおり)
生年月日1974年7月24日(43歳)
出身地宮城県仙台市
職業政治家
山尾恭生
職業政治家
wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/山尾志桜里

 

倉持麟太郎のプロフィール

http://moratoriamu310.blog.so-net.ne.jp/2017-09-06-3
本名倉持麟太郎(くらもちりんたろう)
生年月日1983年1月16日
出身地東京都
職業弁護士
趣味野球、ピアノ、読書など
出身校慶應義塾大学法学部法律学科

 

小林よしのりは過去に自身のブログで不倫議員を非難していた

https://yoshinori-kobayashi.com/7185/
「不倫路チューを許す安倍政権に道徳はない」

政治家は「公務」だから、「私」が制約されるのが当然である。

不倫路チュー議員は男女とも議員辞職しやがれ!

https://yoshinori-kobayashi.com/7185/

 

山尾志桜里議員に小林よしのりが肩入れし擁護する理由とは?

 

小林よしのりは「山尾志桜里を総理にする会」の代表だった

小林よしのり氏「一私人なら不倫なんか何の問題もない」

小林氏は「山尾志桜里はわしが女性初の総理になれる逸材だと期待していただけに不倫スキャンダルは残念だ」とした上で、「シティホテルに入っていく写真なら、まだ言い訳は立つが、ラブホテルだと難しい」として、どんな写真が掲載されるかが重要だと指摘した。

「一私人なら不倫なんか何の問題もない」としつつも、政治家の不倫スキャンダルについて、以下のように綴った。

政治家だから問題なわけで、幹事長を降ろされたり、重要な役職をすべて避けられたりして、出世できなくなる。

しかも現在の世相は恋愛スキャンダルより、不倫スキャンダルの方が厳しい。貧困層が増えているから、不倫なんて既得権益者の特権と見られるのだ。

わしにはその特権があって当然だと開き直れるが、政治家は違う。中間層の下位部分と、貧困層の支持を失ってしまう。

山尾志桜里は「事実無根」を決め込むしかない。認めたら家庭が崩壊してしまう。

このように書いた上で「わしは山尾志桜里を総理にする会・代表だが、まだ代表を降りるつもりはない」と山尾氏にエールを送り、ブログを締めくくった。

http://www.huffingtonpost.jp/2017/09/06/yamao-shiori_a_23198237/

 

実は山尾志桜里議員と小林よしのり氏も不倫関係にあったのでは?との噂もネット上に広がる