木島英登

格安航空会社バニラ・エアの奄美―関西線で、車椅子の半身不随の木島英登氏が自力でタラップを上る事になりバニラ・エアが謝罪した件について、「TVなどのメディアで木島英登氏がひたすら擁護され、バニラ・エアが一方的に批判されるのはおかしい」とネット上で話題になっているようです。

http://www.commonhealth.com.tw/book/bookTopic.action?nid=119

 

今回のバニラ・エア車いす騒動まとめ


・事前に連絡して頂きたいと、バニラ・エアのHPに記載されているにも関わらず木島英登は連絡しなかった

・車椅子を空港専用に乗り換えて欲しいと依頼されるも木島英登は拒否

・車椅子ではタラップに登れないと説明するも無理やり登ろうとする

・同行者の手伝いの元なら良いって言っても木島英登は一人で這って行こうとする

・その事実を世間にさらしてバニラ・エアを謝罪にまで追い込む

・結果、名前が売れて仕事がたくさん入る結果に。

http://brandnew-s.com/2017/06/28/kijima2/

 

木島英登は創価学会員の可能性も?

公明党の機関紙、「公明新聞」が、木島英登氏のインタビュー記事を特集していました。

記事では、「助けられる経験を積もう」と題し、日本と世界のバリアフリーの違いについて書かれています。

木島英登 http://brandnew-s.com/2017/06/28/kijima2/

公明新聞の発行元である公明党はご存知の通り創価学会が支持母体となっていますので、公明新聞は創価学会の機関紙である『聖教新聞』の販売店を通じて宅配されます。

さらにこの公明新聞や聖教新聞でインタビューを受ける人物は、創価学会の会員であることが殆どだそうです。

これらの理由により、木島英登氏は創価学会の会員である可能性があるそうです。

 

乙武洋匡氏「木島さんが嫌な思い、大変な思いをしてくれたからこそ今がある」

 

過去には車いすの乙武洋匡氏が銀座のレストランに入店拒否された事件も

乙武洋匡 twitter.com

 

バニラ・エアが全面的に悪いと偏向報道するメディアに対しネット上で批判殺到