慶應大飲み会 http://aaaxxxxxddd.blog.so-net.ne.jp/2014-06-24

慶應義塾大学の男子学生が今年2月下旬に合宿中の飲み会後に救急車で緊急搬送され、死亡する事故が起こっていたことを大学側が4月17日、ホームページ上で明らかにしました。

大学側は飲酒の強要や一気飲みはなかったと主張していますが、具体的な状況や内容については「お答えできない」と回答しているそうです。慶應義塾大学では過去にも複数回、飲み会での死亡事故が起こっているようなので詳しく調べてみました。

慶応大学のテニスサークル「ポニーテニスクラブ」の5年生が飲酒後にで死亡

ポニーテニスクラブ https://www.youtube.com/watch?v=LPcBDLCEw0s

大学広報によると、事故は約70人が参加する春合宿の飲み会で起きた。亡くなったのは成年の男子学生。ただし、大学側は最終的な死因を把握していないという。 大学が学生団体側に行なった聞き取りによると、男子学生が体調を崩したため、応急措置を取った上で救急車を呼んだが、のちに亡くなったという。

また、飲み会には未成年者もいたが、未成年飲酒は確認されなかったそうだ。大学は、学生が亡くなっていることを重く見て、4月14日付で、この公認学生団体を無期限活動停止処分とした。

大学広報によると、飲み会での死亡事故は2012年6月と2013年2月にも発生しているという。いずれも公認学生団体の飲み会で起きており、2012年は解散命令、2013年は無期限活動停止(のちに活動再開)となっている。

大学では、2013年から新入生全員にアルコールパッチテストのキットを渡したり、学生団体の代表に未成年には酒を飲ませないなど、飲酒事故対策の書類を提出させたり、事故の防止や啓発を行なっていたという。大学側は、今回の事故を受けて、「事故防止にこれまで以上に取り組む」としている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-00005978-bengocom-soci

この公認学生団体とはテニスサークル「ポニーテニスクラブ」で、亡くなったのは未成年ではなく5年生とのことです。テニスサークルは無期限の活動停止となり慶應義塾大学の公式ウェブサイトにも4月17日付けで告示されているようです。「ポニーテニスクラブ」のツイッター、Facebookは現在削除済みの模様。

大学HPに掲載された告示

慶応大学告示

慶應大では過去にミスコン集団強姦事件も

慶應ミスコン http://pinky-media.jp/I0005829

「ミス慶応コンテスト」を運営する慶大「広告学研究会」の男子学生が女子学生に集団暴行した疑いがある問題で、 慶大側が女子学生から相談を受けていたことが13日、分かった。

慶大広報室はスポニチ本紙の取材に「女子学生から性的暴行を受けたとの訴えがあり、 その場にいた学生らを聴取した」と答え、暴行疑惑があったことを把握していたと認めた。
さらに「その場で性行為が行われたことまでは確認できた」とも認めた。
一方で「女子学生と男子学生の話に異なる部分があり、刑事事件につながる事実までは確認できなかった」と説明した。


研究会の解散を命じた今月4日の告示文では、未成年の飲酒があったことなどを理由とし、 暴行には触れていなかった。
慶大は12日、公式ホームページに「“広告学研究会”の解散命令に関わる一部報道について」と題した文章を掲載。

「捜査権限を有しない大学の調査には一定の限界があります」「大学としては自ら事件性を確認できない事案を公表することはできず」「“隠蔽(いんぺい)”の意図も事実もありません」としていた。 女子学生は9月2日、神奈川県葉山町の建物で行われた研究会の飲み会で、大量の酒を飲まされ暴行されたと慶大に相談。葉山署にも相談していた。飲み会には女子学生のほかに、 複数の男子学生が参加していた。

捜査関係者によると、女子学生の母親は被害届を取り下げる方向で考えていると伝えていたもようだが、 被害届が出されていたこともあり警察が捜査に動き始めた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161014-00000032-spnannex-soci

大学のサークルによる集団強姦事件は慶応大学の学生も関わっていた早稲田大学のスーパーフリー事件が有名ですが、昨年に慶応大学でもこのような事件が起こっていたようですね。

スーパーフリー事件とは



スーパーフリー事件(スーパーフリーじけん)は、2003年に発覚した組織的な輪姦事件。

早稲田大学の元公認のサークル「スーパーフリー」のメンバーである大学生らは「ギャルは撃つための公共物だぜ」を合言葉に1999年秋から常習的に女子大生への輪姦をおこなっていたが、そのうち2001年12月19日の事件と2003年4月27日の事件と同年5月18日の事件のみが起訴され、早稲田大学以外にも東京大学、慶應義塾大学、明治大学、法政大学、学習院大学、日本大学といった名門大学の学生ら合わせて14人が準強姦罪で実刑判決を受けた。

この事件は重大な社会的波紋を呼び、2004年の集団強姦罪・集団強姦致死傷罪の創設につながった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/スーパーフリー事件

慶応大学では過去に飲み会による死亡事故が2度も起きていた