一条理子さんがゆうきゆうさんの文春砲をリークした被害女性なのではないかと言われ、話題となっています。
今回は、一条理子さんの顔画像や、特定の理由と言われているゆうきゆうさんとの関係を匂わせるツイート、文春砲はハニートラップだったのではないかとの噂などについてまとめてみました!

TOP画像引用元:http://news.nicovideo.jp/watch/nw3023722

ゆうきゆうのプロフィール

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171018-00004596-bunshun-soci
本名安田雄一郎(やすだゆういちろう)
年齢1974年生まれ、42歳
出身地神奈川県
職業精神科医、漫画家
勤務先ゆうメンタルクリニック
出身校東京大学
Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/ゆうきゆう

メールマガジン「セクシー心理学」を開始したことを契機に、メディアでの活動を始めたゆうきゆうさん。Twitterでは44万人のフォロワーをかかえる人気漫画家であり、同時に開業医でもあるという多彩な才能をもつ人物として有名です。

ゆうきゆうさんの著作は合計70冊を超え、中でも「マンガで分かる心療内科」は、若い世代に支持され、シリーズ累計300万部の大ベストセラーを記録。漫画家としても大きな成功を収めています。

そんなゆうきゆうさんに2017年10月18日、週刊文春からスクープが出されました。


 

ゆうきゆうに文春砲!

http://dokujyoch.net/archives/73175735.html
東大医学部出身の精神科医・ゆうきゆう氏(本名・安田雄一郎・42)が、自らが経営する「ゆうメンタルクリニック」の女性患者と不誠実な肉体関係を持ち、女性が自殺未遂をするまで追い詰められていたことが「週刊文春」の取材でわかった。

小誌に告発したのはA子さん(19)。思春期に摂食障害で悩んだこともあり、現在も抗精神病薬が手放せない。A子さんはゆうき氏主催の心理学イベントに参加したことで、氏とメールのやりとりをするようになった。昨年9月初旬の18歳の誕生日当日には氏の自宅兼事務所に誘われ、そこで初めて関係を持ったという。その後も週に1、2回、そこで会い続けた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171018-00004596-bunshun-soci

記事によると、ゆうきゆうさんは当時18歳の女性と肉体関係を持っていたとのこと。その女性はもとから摂食障害などで悩んでおり、ゆうきゆうさんが別の女性と交際しているとの連絡を受けるなどして精神状態は悪化し、自殺未遂を繰り返すほどになったようです。

では、ゆうきゆうさんと関係を持っていた女性はどのような証言をしているのでしょうか。ここからは、週刊文春に告発した女性の証言をまとめていきます。

 

相手女性の証言

http://tweetcs.com/riko__rittan/
「私は体が弱いのですが、先生を尊敬していたこともあって頑張って応えていました。私が精神的なトラブルを抱えていて、ゆうメンタルクリニックで抗精神病薬を処方されたことを伝えたりもしました。しかし、先生は『ピルはすぐに処方できる』とか言って、避妊してくれないことも多かった」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171018-00004596-bunshun-soci

相手女性によると、ゆうきゆうさんは精神的なトラブルを抱えていたことを知りながら、避妊せずに肉体関係を持ったり、他の女性と関係を持っていたりしていたようです。


 

一条理子がゆうきゆうの相手?

http://livedoor.blogimg.jp/zozo11/imgs/8/6/8671873f.jpg

一条理子さんという女性の特徴が週刊文春の報道されていた女性の内容と酷似しているとのこと。さらに、一条理子さんのものとみられるアカウントがゆうきゆうさんのTwitterアカウントに対してリプを送っていたとの情報もあるようです。

 

ゆうきゆうにリプを送る一条理子

http://livedoor.blogimg.jp/aoba_f/imgs/6/3/63b7e1a3.jpg

こちらが一条理子さんがゆうきゆうさんのツイートに送ったとされるリプ。一条理子さんは

ラインの返事返してください

とリプを送っており、個人的にゆうきゆうさんと関係を持っていたことを匂わせる発言をしていたようです。
このことも一条理子さんがゆうきゆうさんとの関係を週刊文春に告発した人物なのではないかと言われています。


 

一条理子のプロフィール