http://www.news-postseven.com/archives/20170214_492672.html

桂歌丸さんが肺炎で入院し寄席を休演する事になりました。
肺炎は若い人ももちろんですが、高齢者にとっては命をおびやかす程の疾患にもなるため、注意が必要です。

今回は高齢者の肺炎についてまとめてみようと思います。

肺炎(はいえん)について

http://xn--qckyd1cr90oz7ob3t8tm.jp/post-426/

肺炎(はいえん)は、肺の炎症疾患の総称で、肺の急性感染症などで引き起こります。

肺炎の種類によっては予防も可能で、手洗いや禁煙でも予防出来るものがあります。

治療法は、原因によって異なり、細菌性の場合、抗生物質が使用されますが、重症の場合は入院しないといけないケースも…

肺炎は、世界中で発症していて、発症した約4.5億人中約400万人が死亡しています。

誤嚥性肺炎とその死亡率

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/special/sped/1307resp/201307/531621.html

肺炎は簡単に治ると思われがちな病気なのですが、日本では死因3位に入る程、多くの方がお亡くなりになっています。

亡くなった患者の多くが高齢者で、そのほとんどの方が「誤嚥性肺炎」という肺炎。
「誤嚥性肺炎」とは一体どういった肺炎なのでしょうか?

誤嚥性肺炎について

https://athome-kaigo.jp/aspiration-pneumonia

誤嚥性肺炎は、食べ物飲み込み時の誤嚥が主な要因となり引き起こされます。
誤嚥とは、食べ物が気管に入ってしまう事を言います。

その誤嚥で、気管に食べ物や唾液と一緒に細菌が入ると、肺が炎症を起こしてしまうそうです。

誤嚥してしまう原因として、加齢や脳梗塞によって食べ物を飲み込んだりする力が低下してしまう事があげられます。

誤嚥性肺炎が危険なものか説明したいと思います。

誤嚥性肺炎の死亡率

http://blog.goo.ne.jp/toho-dental/e/b6204901f84a10ab3290abf7d5312050

平成23年以降、日本の死因の第3位に「肺炎」が入るようになりました。
平成27年には、「肺炎」により12万3000人もの人がお亡くなりに……
そして「肺炎」で亡くなった人の内95%は65歳以上で、その中の96%の人が「誤嚥性肺炎」だったそうです。

要するに、肺炎で亡くなる人は高齢者が多く、そのほとんどの人が誤嚥性肺炎で亡くなっている計算になります。

これは大変高い数値で、気をつけないといけませんね。

誤嚥性肺炎になりやすい人の特徴

https://ansinkaigo.jp/knowledge/3241

誤嚥性肺炎は、高齢者であれば誰でも発症する可能性がある病気なのですが、その中でも発症しやすい人の特徴として以下の事があげられています。

・脳梗塞などの経験がある方

・神経・筋疾患がある方

・口やのどの癌の手術、放射線治療を受けて口腔内環境が変わった方

・寝たきりの方(胃液が逆流して誤嚥することがある)

・泥酔している方

・睡眠薬を常用されている方

そのほか、虫歯や歯周病がある方も、口の中に細菌が増えているので誤嚥性肺炎が起きやすくなっています。虫歯や歯周病はきちんと治療し、口の中を常に清潔に保つことも大切です。

http://www.skincare-univ.com/article/010038/


誤嚥性肺炎に関するTwitterの反応



最後に

高齢化が進んでいく中、肺炎についてしっかり学んでいく事は必要ですね。
自分のため、もちろん身近な人の為にも知識として入れておいて損はないと思います。
芸能人の方も多く肺炎で入院しお亡くなりになった方も多数いるので皆さんもお気をつけ下さい。
今野杏南が映画「あゝ荒野」で乳首を晒したと話題に!「脱げる石原さとみ」ことあんちょの動画の神回を無料で観る方法wwwwwwww