福岡市南区の長住小学校で、6年生の理科実験中に児童塩酸が入った試験管2本を机の上で倒して塩酸がこぼれました。小学生の児童13人が目や喉の痛みを訴え、市内3カ所の病院に搬送されています。 この記事では事件の概要や塩酸の概要、ネット上の反応などについてまとめています。

TOP画像引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1507867810/

 

福岡市の小学校で理科の実験中に塩酸こぼれる 小学生児童13人搬送

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20171013-00000024-ann-soci
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20171013-00000024-ann-soci
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20171013-00000024-ann-soci
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20171013-00000024-ann-soci
 福岡市南区の小学校で理科の実験中に塩酸がこぼれ、児童13人が病院に搬送されました。

 警察と消防によりますと、南区の長住小学校で、6年生の理科の実験中に児童が塩酸が入った試験管2本を机の上で倒して塩酸がこぼれました。

児童13人が目や喉の痛みを訴え、市内3カ所の病院に搬送されています。当時、教室には教師1人と児童37人がいました。警察と消防が詳しい状況を調べています。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20171013-00000024-ann-soci

 

塩酸(えんさん)とは

http://www.ne.jp/asahi/yasuhiko/hayashi/tsudanuma/tougei-tiebukuro/114kiensan.htm
塩酸(えんさん、hydrochloric acid)は、塩化水素(化学式HCl)の水溶液。代表的な酸のひとつで、強い酸性を示す。

本来は塩化水素酸と呼ぶべきものだが、歴史的な経緯から酸素を含む酸と同じように、塩酸と呼ばれている。

塩酸の内、「濃塩酸」として市販されるものは、塩化水素の37質量% = 12 mol dm−3水溶液が一般的である。

40質量%を越える溶液も調製可能だが、塩化水素の揮発が早く(蒸気圧が高く)、保管・使用に際して温度や圧力などに特別の注意を要する。また、滴定用や医薬品として濃度調製された製品も販売されている。

試薬として販売されている塩酸(約35%、特級や一級など)を適度に希釈した(薄めた)塩酸という意味で、通常「希塩酸」として流通している。常温常圧下で、濃度が約25%以上の塩酸には、発煙性がある。

日本では毒物及び劇物取締法により塩化水素原体および10%を超える製剤が劇物に指定されている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/塩酸

危険性

摂取 - 消化器を激しく侵し、致命的になりうる。

吸入 - 塩化水素に準じ、人体に有毒。多量に吸入した場合、肺水腫などを引き起こし、死に至る。

皮膚 - 腐食性があるので、化学熱傷の原因となる。

目 - 角膜溶解、角膜白濁、角膜上皮の激しい損傷を起こし、眼球穿孔や失明の危険がある。

分類の名称:急性毒性物質、腐食性物質

環境影響:酸性溶液である為、水棲生物に対して有害な影響を及ぼす可能性がある。

有害性:眼、皮膚、気道に対して刺激性を有し、高濃度のガスを吸入すると、肺水腫を起こすことがある。

これらの影響は遅れて現れる事がある。この物質は肺に影響を与え、慢性気管支炎を生じることがある。また歯を侵食する事がある。

物理的及び化学的危険性:この水溶液は強酸であり、塩基と激しく反応し、腐食性を示す。

酸化剤と激しく反応し、有毒なガス(塩素)を生成する。空気に触れると腐食性のフューム(塩酸)を発生する。

多くの金属を侵して可燃性ガス(水素)を生成することが多くある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/塩酸

 

応急処置

眼に入った場合 :早めに多量の水道水(流水)で15分間以上洗浄する。洗浄が遅れたり、不十分だと眼の障害を生ずる恐れがある。

すぐに眼科医の診断を受ける。コンタクトレンズを使用している場合は、固着していない限り取り除いて洗浄する。

皮膚に付着した場合 : 直ちに汚染された衣装や靴などを脱がせて、付着又は接触部を多量の水で洗い流す。外観に変化がみられたり、痛みが続く場合は医師の診断を受ける。

吸入した場合 : 直ちに患者を毛布等に包んで安静にさせ、新鮮な空気が得られる場所に移し、できれば酸素吸入を行う。肺水腫を起こす可能性があるため、直ちに医師の診断を受ける。

飲み込んだ場合 :直ちに口の中を水で洗浄し、大量の水を飲ませて医師の手当てを受ける。無理に吐かせない。被災者に意識がない場合は、口から何も与えてはならない。

https://ja.wikipedia.org/wiki/塩酸

 

NHK、朝日放送、毎日放送など各メディアによって報道内容が異なるとTwitter上で話題に