藤井四段

将棋の史上最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)が21日、大阪・関西将棋会館で王将戦1次予選に臨み、澤田真吾六段(25)に勝利し、自らの持つデビューからの公式戦連勝記録を28に伸ばし、30年前に神谷広志八段(56)が打ち立てた最多記録に並ぶ偉業を達成し話題になっているようです。

TOP画像引用元:http://imgur.com/3HUvsZQ

 

14歳藤井四段 歴代最多タイ28連勝!30年ぶりの偉業


将棋の史上最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)が21日、大阪・関西将棋会館で王将戦1次予選に臨み、澤田真吾六段(25)に勝利。

自らの持つデビューからの公式戦連勝記録を28に伸ばし、30年前に神谷広志八段(56)が打ち立てた最多記録に並ぶ偉業を達成した。

 王将戦は8大タイトル戦の1つ。先手は藤井で、戦型は藤井が得意とする角換わりとなった。

相手の澤田は今月2日の棋王戦予選(20連勝目)で苦しめられた若手の強豪だが、99手で持ち時間を23分残して勝利。毎回“勝負飯”にも注目が集まるが、この日の藤井の昼食は、「ごま味噌とじうどん」だった。

 日本将棋連盟の広報担当によると、会館に詰めかけた報道陣は25社80人。15日の名人戦順位戦C級2組、瀬川晶司五段(47)戦で、連勝記録を26とした際の約70人を上回り、1981年の会館完成以来、最多記録を更新した。

 歴代最多連勝は、1986―87年度に神谷五段(当時)が記録した28連勝。次戦は26日の竜王戦決勝トーナメントで増田康宏四段(19)で、史上最多29連勝をかけて対局する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170621-00000131-spnannex-ent

 

藤井聡太四段のプロフィール