KinKiKidsの堂本剛が突発性難聴で入院すると、生出演した『テレ東音楽祭2017』で相方の堂本光一が発表しネットが騒然。 突発性難聴ってどんな病気?急遽、参加できなくなった剛くんの代わりに参加した長瀬くんとのコラボが話題を呼びました。

堂本剛が”突発性難聴”のため入院することを生放送で発表!

堂本剛 突発性難聴http://pinky-media.jp/I0006516

KinKi Kidsの堂本光一(38)が28日、テレビ東京系「テレ東音楽祭2017」(水曜後6・25)に生出演。堂本剛(38)が突発性難聴を発症したことを明かした。「剛くんが突発性難聴で大事を取って1週間入院することになりました。(デビュー)20周年もあって、番組としても盛り上がろうとしてくださっている中、本当に申し訳ないのですが」と報告。「元気なのは元気だけど、歌うのもままならない」と説明した。

 突発性難聴は突然、聴力を失う病気で、強いめまいを伴うことも。内耳などに障害が生じる感音性難聴の一種と考えられているが、原因は不明。ただ、ストレスを一因とする説もある。治療はステロイド剤投与が一般的だが、発病後2週間を過ぎると治る確率は大幅に低下する。発症率に男女差はなく50歳から60歳代に多いが、子供に発症するケースもある。

 芸能界では浜崎あゆみ(38)やスガシカオ(50)、ロックバンド、ハウンド・ドッグのボーカルで俳優、大友康平(61)らが発症している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170628-00000552-sanspo-ent

 

突発性難聴(とっぱつせいなんちょう)とは?

https://hochouki.senior-anshin.com/cont/sudden-deafness/

突発性難聴(とっぱつせいなんちょう、英名:Sudden Deafness(SD)もしくはSudden Sensorineural Hearing Loss(SSHL))とは突発的におきる原因不明の急性感音難聴である。

突発性難聴は1944年 De Kleynにより初めて報告された。突然に原因不明な内耳性の感音性難聴が発症する疾患である。
発症は突然であり、患者は難聴になった瞬間を語ることができるほど突発的である(たとえば「朝、起きたら」とか、「図書館に行く前はなんともなかったのに、図書館から帰ってきたら聞こえが悪くなっていた」とかである)。しかし、ある程度の時間をかけて徐々に難聴が進んだようなケースは突発性難聴とはされない。随伴症状として耳鳴りや耳閉憾を伴うことが多く、半数程度の患者は発症の瞬間には強いめまいを伴うが強いめまいは1回だけであり、強いめまいを繰り返したらほかの疾患の可能性を考える。
原因は不明であり、かつ原因が不明であることを本症の定義とする。したがって単一の疾患とは限らず、突発性・原因不明を条件とした感音性難聴を一括した疾患群である。再発は無く、再発の場合は突発性難聴以外の他の疾患を疑う。
原因がわかるものは突発的な難聴であっても、本症とはせず、原因にしたがって診断名をつける。当初は突発性難聴と診断されても、その後に原因が判明すれば診断名を変更する。

https://ja.wikipedia.org/wiki/突発性難聴

 

突発性難聴の”5つの前兆”とは?

突発性難聴

 

助っ人は長瀬智也?入院した剛くんの代わりにテレ東音楽祭で光一くんと共演





 



 







 







 

ファンの反応:長瀬「光一と剛と3人でデビューすると思ってた。」