「アルジャーノン」とは?ダウン症のマウスを改善する効果を京大(京都大)が発見、名前の由来は「アルジャーノンに花束を」から?小説の結末から命名理由が不謹慎だとネット上で話題に

ダウン症の子を妊娠したマウスに投与すると、生まれた子の脳の構造が変化して学習能力が向上する化合物を発見したと、京都大の萩原正敏教授(化学生物学)らのグループが、...