ダウン症の子を妊娠したマウスに投与すると、生まれた子の脳の構造が変化して学習能力が向上する化合物を発見したと、京都大の萩原正敏教授(化学生物学)らのグループが、5日付の米科学アカデミー紀要電子版に発表。 この化合物を京大は「アルジャーノン」と名付けたようです。ネット上の反応などをまとめました。

TOP画像引用元:http://www.sankei.com/west/news/170905/wst1709050013-n2.html

 

ダウン症の症状改善も、京都大が新物質「アルジャーノン」発見

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170905-00000068-ann-soci
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170905-00000068-ann-soci
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170905-00000068-ann-soci
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170905-00000068-ann-soci
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170905-00000068-ann-soci
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170905-00000068-ann-soci

ダウン症の子を妊娠したマウスに投与すると、生まれた子の脳の構造が変化して学習能力が向上する化合物を発見したと、京都大の萩原正敏教授(化学生物学)らのグループが、5日付の米科学アカデミー紀要電子版に発表した。

化合物の作用で神経細胞の増殖が促され、ダウン症の症状が改善されるという。



 将来、出生前診断をした人の胎児を対象とした薬剤の開発につながる可能性がある。ただ、人の胎児で臨床研究を行うことの是非など、早期の実現には倫理面で課題がある。

http://www.sankei.com/west/news/170905/wst1709050013-n2.html

 

化合物「アルジャーノン」と命名

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170905-00000068-ann-soci

ダウン症は21番染色体が1本多い3本になることで起き、発達の遅れや、心臓疾患などの合併症を伴うこともある。

グループは、神経の元になる細胞(神経前駆細胞)が増えないことがダウン症の原因の一つと考え、717種類の化合物をふるい分けし、神経幹細胞が前駆細胞を増殖するのを促進する化合物を発見。「アルジャーノン」と名付けた。

 ダウン症の子を妊娠したマウスに1日1回、経口投与すると、胎児の前駆細胞が増えるなど、投与しなかったダウン症の子とは脳の構造が異なった。

迷路を使った実験で学習能力を比較した結果、投与したマウスの方が好成績で、正常なマウスとも変わらなかった。

http://www.sankei.com/west/news/170905/wst1709050013-n2.html

 

「アルジャーノン」がダウン症治療に使われるのはまだ先か


グループは、ダウン症患者から作製した人工多能性幹細胞(iPS細胞)でも効果を確認。脳神経が関係するアルツハイマー病や鬱病、パーキンソン病などにも役立てたいとしており、萩原教授は「すぐに臨床応用できるわけではなく、慎重に研究を進めたい」としている。

http://www.sankei.com/west/news/170905/wst1709050013-n2.html

 

ダウン症(ダウン症候群)とは

http://down-station.net/downsyndrome-kihoninfo
ダウン症候群(ダウンしょうこうぐん、英: Down syndrome)は、体細胞の21番染色体が1本余分に存在し、計3本(トリソミー症)となることで発症する、先天性疾患群である。

多くは第1減数分裂時の不分離によって生じる他、第2減数分裂時に起こる。新生児に最も多い遺伝子疾患である。

症状は、身体的発達の遅延、特徴的な顔つき、軽度の知的障害に特徴づけられる。

若いダウン症成人の平均IQは50ほどであり、これは8-9歳の小児と等しいが、これにはばらつきが見られる。治療法は存在しない。教育と早期ケアによりQoLが改善されるであろう。

ダウン症は、ヒトにおいて最も一般的な遺伝子疾患であり、毎年1000出生あたり1人に現れる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ダウン症候群

 

現代の医療ではダウン症は治療不可能


ダウン症は染色体異常であるため、根本的な治療方法は無く、医者の方から「ダウン症かもしれませんので、検査してはどうでしょうか?」 と進言することは、倫理規定で禁止されているそうです。よって検査については自分から聞かなければなりません。

https://matome.naver.jp/odai/2139789119265108701

 

2013年10月、出生前診断の新手法が導入


費用わずか2万5千円

血液検査と超音波検査を組み合わせた新手法

染色体以上を見つけられる確率は80%といわれる。

https://matome.naver.jp/odai/2139789119265108701

 

「アルジャーノン」の由来は有名小説から?