ホノルル国際空港が「ダニエル・K・イノウエ国際空港」へと名称変更したそうです。その理由や、他にも日本に由来する地名などがついている世界の街について調べてみました。

TOP引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170502-00010001-sorae_jp-sctch

ホノルル国際空港、「ダニエル・K・イノウエ国際空港」へと名称変更


ハワイ州オアフ島にあるホノルル国際空港は、その正式名称を「ダニエル・K・イノウエ国際空港(Daniel K. Inouye International Airport (HNL))」へと変更しました。

この空港の新名称は、1963年から2012年までアメリカ合衆国上院議員として努めたダニエル・K・イノウエ氏にちなみます。またイノウエ氏はホノルル国際空港の発展と整備のための予算確保にも尽力しました。  

この名称変更はすでにFAA(連邦航空局)に認められています。また、空港コード(HNL)に変更はありません。ジョン・F・ケネディ空港のように、ダニエル・K・イノウエ国際空港もハワイの玄関口としてその名前が定着するのかもしれませんね。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170502-00010001-sorae_jp-sctch

 

ホノルル国際空港「ダニエル・K・イノウエ国際空港」へと名称変更 ニュース報道動画

 

ダニエル・ケン・イノウエとは

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%8B%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%82%A6%E3%82%A8
ダニエル・ケン・“ダン”・イノウエ(Daniel Ken "Dan" Inouye、1924年9月7日 - 2012年12月17日)は、アメリカ合衆国の政治家。元アメリカ陸軍将校、上院議員、上院仮議長。日本名は井上 建(いのうえ けん)。 1963年から50年近くにわたって上院議員に在任していた長老議員であり、上院民主党の重鎮議員の1人であった。

2010年6月28日に最古参であったロバート・バード上院議員が死去したことで、上院で最も古参の議員となり、またこれに伴い慣例に沿うかたちで上院仮議長に選出、亡くなるまで同職にあった。上院仮議長は実質名誉職ではあるものの、大統領継承順位第3位の高位であり、アメリカの歴史上アジア系アメリカ人が得た地位としては最上位のものとなる。また第二次世界大戦時はアメリカ陸軍に従軍し、数多くの栄誉を受けた。アメリカ陸軍での最終階級は陸軍大尉。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%8B%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%82%A6%E3%82%A8

 

イスラエルにも杉原千畝にちなんだ「チウネ・スギハラ」通りが存在する

杉原千畝 http://www.huffingtonpost.jp/2014/04/20/chiune-sugihara_n_5180745.html

杉原千畝とは


第二次世界大戦中のリトアニアで、ナチスの迫害を逃れてきたユダヤ人に対して、日本政府の命令に背いて日本通過ビザを発給し、約6千人もの命を救ったとされる外交官。自らの工場で働くユダヤ人を救ったことで知られるドイツ人実業家、オスカー・シンドラーになぞらえて、「日本のシンドラー」とも呼ばれている。

1900年1月1日、岐阜県八百津町生まれ。早稲田大学高等師範部英語科を中退、外務省の官費留学生として満州(現・中国東北部)のハルビンでロシア語を学んだ後、同省に採用される。満州、フィンランドなどでの勤務を経て、39年にリトアニアの日本領事館に領事代理として赴任した。

「命のビザ」を発給したのは、40年夏。ポーランドを追われてきた大勢のユダヤ人避難民が、ソ連・日本を経由して第三国に移住しようと日本通過ビザを求めてきた。杉原は、要件を満たさないユダヤ人避難民にも人道上ビザの発給を認めるよう外務省に願い出たが認められず、悩んだ末に独断で発給を決断。

領事館は既に閉鎖が決まっていたが、出国直前までの約1カ月間、発給を続けたという。その後、チェコ、ルーマニアなどで勤務し、46年に帰国。翌年、外務省を退職した。訓令違反のビザ発給を理由に退職に追い込まれたとの思いから、退職後は外務省関係者との交流を断ち、86年7月31日に死去した。

「命のビザ」のエピソードが知られるようになったのは、69年にイスラエル政府が杉原に勲章を授けてからだという。85年1月にはイスラエル政府から「諸国民の中の正義の人」として表彰され、91年にはリトアニアの首都にある通りの一つに「スギハラ通り」と名前が付けられた。

故郷・八百津町には92年、「人道の丘公園」がオープンし、生誕100年となる2000年には記念館も設立されている。外務省も1990年代に入ってから当時の経緯の検証など「関係修復」に向けて動き、2000年に河野洋平外務大臣が遺族に謝罪した。

https://kotobank.jp/word/%E6%9D%89%E5%8E%9F%E5%8D%83%E7%95%9D-188862

 

他にも世界各地にある、日本の地名や人名を含んだ場所