1月13日から大学入試センター試験が始まり、地域によってはで交通機関に影響が出る恐れがあるため、大学入試センターでは受験生に注意を呼びかけています。この記事ではネット上の反応や、センター試験を冬に行う理由などについて調べまとめています。

TOP画像引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180113-00000005-nnn-soci

 

今日から大学入試センター試験

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180113-00000005-nnn-soci
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180113-00000005-nnn-soci
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180113-00000005-nnn-soci
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180113-00000005-nnn-soci
13日から大学入試センター試験が始まる。地域によっては雪で交通機関に影響が出る恐れがあるため、大学入試センターでは受験生に注意を呼びかけている。

今年のセンター試験には、58万2000人あまりが志願し、このうち現役生は47万3000人あまりと、過去最多。初日の13日は、地理歴史、公民と国語、外国語の筆記、それに英語のリスニング試験が行われる。

ただ、日本海側は雪の予報で、北陸を中心に大雪になる恐れがあり、交通機関に乱れが出ることが予想される。

大学入試センターでは受験生に対し、時間に余裕を持って試験場に向かうこと、もし交通機関に遅延などが生じた場合は、受験票に記載されている問い合わせ大学に連絡したうえで、あきらめずに試験場に向かうよう呼びかけている。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180113-00000005-nnn-soci

 

大学入試センター試験初日も大雪に警戒

http://www.sakigake.jp/news/article/20170114AK0043/
強い冬型の気圧配置の影響で、12日も日本海側を中心に大雪となった。気象庁は、大学入試センター試験初日の13日も大雪が続くとして、雪や路面凍結による交通障害、雪崩への警戒を呼び掛けた。

近畿北部や山陰は14日も注意が必要だ。 気象庁によると、12日夕の積雪は、新潟市が平年の約11倍となる76センチ、富山県氷見市が約6倍の56センチ、石川県輪島市が約7倍の44センチ。

北陸を中心に平年の数倍となる地点が目立った。12日夕までの24時間で50センチ以上の降雪を観測した地点も相次いだ。

日本付近の上空約5千メートルに氷点下41度前後の寒気が入り、日本海で雪雲が発達。西風により新潟県などの上空に流れ込んだ。強い冬型の気圧配置は13日も続き、14日には緩む見通し。

13日夕までの24時間予想降雪量はいずれも多い所で、北陸70センチ、近畿と中国40センチ。

http://www.sankei.com/photo/story/news/180112/sty1801120020-n1.html

 

大学入試センター試験は、なぜわざわざ真冬に行うのか?