amazon 宅配

Amazonに商品を頼んだら聞いたことのない配達業者が全然届けてくれず、不在票も入っていないので再配達の連絡もつかない。Amazonカスタマーセンターへ連絡すると「我々も配送業者と連絡が取れない」との驚愕の回答。とあるtwitterユーザーのこのようなツイートがネット上で話題になっているようです。聞いたことの無い業者=デリバリープロバイダについて詳しく調べてみました。

TOP画像引用元:http://jp.wsj.com/articles/SB11527888067023433930504581051850064168990

 

Amazonに商品を頼んだら配達業者が届けてくれないというツイートが話題に

amazon 宅配 twitter.com

 

デリバリープロバイダとは?


デリバリープロバイダは、TMG、SBS即配サポート、ファイズ、札幌通運などの業者の総称なのだが、そのデリバリープロバイダのサービスが不評なのである。

http://buzz-plus.com/article/2016/08/09/amazon-delivery-provider/

 

デリバリープロバイダに対するネット上の声

デリバリープロバイダ http://buzz-plus.com/article/2016/08/09/amazon-delivery-provider/
「デリバリープロバイダ最悪 前は1日スルーされたし」

「配達するのはいいけど、時間帯指定出来ないのがイラつく」

「amazonのデリバリープロバイダという存在を今知り、戦慄している」

「何回デリバリープロバイダは電話されれば気がすむんだ」

「荷物持ち帰ったことになってるのに不在票なし 宅配ボックスあるのに…」

「いつまでたっても届かない。HPから追跡すると、この時間でも配達中のまま。くそかよ。」

「ファイズとかTMGとかじゃありませんように…」

「Amazonの発送、デリバリープロバイダとかいうハズレ引いた」

「16時までの指定なのにまだ届かない……くっ」

http://buzz-plus.com/article/2016/08/09/amazon-delivery-provider/



デリバリープロバイダ twitter.com

 

一部の業者の悪評が広がるとすべての業者の評価が下がる


時間通り届かない、再配達の融通がヤマトよりきかない、在宅なのに不在扱いされたなど、いくつものクレーム情報が利用者から出ており、インターネット上にも書かれている。デリバリープロバイダは複数の業者の集合体であり、一部の業者の悪評が広がると、すべての業者の評価が下がる。

そこで今回、「デリバリープロバイダをできるだけ避ける方法」を皆さんにお伝えしたいと思う。その方法はいたって簡単だ。

http://buzz-plus.com/article/2016/08/09/amazon-delivery-provider/

 

Amazonで商品を購入した際、デリバリープロバイダによる配達を避ける為には